このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0124
おつきさんきんのくさり
お月さん金の鎖

放送回:0076-A  放送日:1977年03月19日(昭和52年03月19日)
演出:芝山努  文芸:沖島勲  美術:芝山努  作画:芝山努
ある所 ) 16005hit
あらすじ

母親と3人の子供が住んでいた。母親は「山姥が出るから決して母さん以外の人が来ても戸を開けてはいけない」と、言い聞かせて隣村へ仕事に行った。

でもそのお母さんも帰りに山姥に食べられちゃって、山姥が子供たちの家にやってくる。山姥はお母さんになりすまして戸を開けさせようとするんだけど、長男が声がおかしいとか手が毛むくじゃらで違うとか機転をきかすんだけど、なんとかごまかして山姥が家の中に入ってしまう。

お母さんだと思っていたら、山姥だと分かって3人が外へ逃げ出す。大きな木に登って逃げていたけど、山姥が気づいて追ってくる。

山姥が「どうやって登ったか?」と問い詰めるが、長男がうそを言って登れないようにしていたのに、下の子がつい本当のことを言って山姥が上ってくる。

お月様に金の鎖を下ろしてくださいとお願いすると、天から金の鎖が下りてくる。間一髪、その鎖につかまり天に昇っていく子供たち。

山姥もお月様にお願いすると、鉄の鎖が下りてくる。それにつかまり子供を追いかけるが、泥縄だったため、途中で切れてしまい落っこちて死んでしまう。

・・・お月さんいくつ、10、3、7つ、まだ歳ゃ若いね

(引用/まんが日本昔ばなし大辞典)


ナレーション市原悦子
出典(表記なし)
DVD情報DVD-BOX第9集(DVD第43巻)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報講談社テレビ名作えほん第037巻(発刊日:1981年2月)
講談社の300より書籍には地名の明記はない
7.0000 7.00 (投票数 5) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/2/11 22:30 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

20 人のユーザが現在オンラインです。 (13 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)