このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.1192
やまひめ
山姫
高ヒット
放送回:0752-B  放送日:1990年06月09日(平成02年06月09日)
演出:河内日出夫  文芸:沖島勲  美術:小倉宏昌  作画:河内日出夫
鹿児島県 ) 26932hit
あらすじ

昔、屋久島の山奥には「山姫」という者が住んでいるという噂があった。山姫は大変美しい女で、山姫に出会ってもし山姫が笑うのにつられて笑ってしまうと、二度と山から帰れないと言われていた。

屋久島の山のふもとにはたすけときすけという2人の若い竹細工の職人がいた。ある日2人は竹を取りに山へ入った。

そうしてどんどん山を登っていき、頂上まで来てみると、そこには今まで見た事もない立派な大竹がたくさん生えていた。それを見た2人は、中でも特に立派な竹を選んで夢中で切っていた。すると急に強い雨が降り出したので、2人は竹の木陰に隠れて雨宿りし、雨が止むのをまった。

すると山の奥の方から人の笑い声のような音が聞こえた。2人は気のせいだと思っていたが、だんだんとその音ははっきりと「ほっほっほっ…」と聞こえてきた。そして2人が振り返ると、そこには美しい女がこちらを見て笑っていた。それは間違い無く山姫だった。

山姫はさらに声を挙げ、大きな声で笑い始めた。 たすけはそれにつられたか、少しずつ笑い始め、やがて山姫と同じく大きな声で笑い始めた。すると山姫は突然宙に浮き上がった。それに驚いたたすけが叫んだ瞬間、大きな轟と共にたすけに雷が落ちた。そしてきすけが顔を上げてみるとたすけも山姫もいなかった。 どこを探してもたすけは見つからなかった。

仕方なく、きすけは山を下りることにした。すると途中の沢に、たすけが怪我をして倒れていた。きすけは急いで近寄るとたすけに声をかけると、たすけは生きていた。この話を聞いた村人達は「それは山姫に違い無い」と言って、これを恐れ誰一人その谷へ近付くことはなかった。

(引用/まんが日本昔ばなし大辞典)


ナレーション常田富士男
出典下野敏見(未来社刊)より
出典詳細屋久島の民話 第二集(日本の民話38),下野敏見,未来社,1965年02月25日,原題「山姫」,採録地「上屋久町」,話者「荒木謙次郎、中島菊助、岩川貞次、浜崎三郎、森熊助、岩川シマ、田中政一」
場所について山姫の住む山(出典元簡易地図から予測)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
9.0000 9.00 (投票数 6) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/2/11 22:30 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

27 人のユーザが現在オンラインです。 (17 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)