このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.1157
いばったおんどり
いばった雄鶏

放送回:正月特番  放送日:1990年01月02日(平成02年01月02日)
演出:しもゆきこ  文芸:沖島勲  美術:しもゆきこ  作画:大西治子
要調査 ) 9565hit
あらすじ

ある百姓家に、鶏の夫婦が住んでいた。ある日夫婦のもとに、東の国から来たという雄鶏がやってきた。その雄鶏の姿は、実に勇ましいので、女房の雌鶏はすっかり惚れこんでしまい、夫の雄鶏をみすぼらしく思ってしまった。

だが東の雄鶏は、そんなことお構いなしで、「これからは、おれが母屋で住む!お前らは納屋に行け!」といばりだした。雌鶏は好きな雄鶏の言うことなので、承知してしまった。数日後、さらに雄鶏は「これからは、この家のえさは、全部おれのものだー!」と言いだした。これには、夫の雄鶏も弱々しくも断った。怒り狂った東の雄鶏は、夫の雄鶏をつつきまくり、蹴飛ばしてしまった。

勝ち誇った東の雄鶏は、屋根に飛び上がり「コケコッコー!」と勝利の雄叫びをおもいっきりした。と、そこへ山の方から雄叫びのおかげで昼寝を邪魔された鷲が、東の雄鶏を空の彼方へ連れ去ってしまった。やっと目のさめた雌鶏は、傷ついた夫を介抱してあげた。

(投稿者: マニアック 投稿日時 2011-11-5 12:44)


ナレーション未見のため不明
出典クレジット不明
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
10.0000 10.00 (投票数 1) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/11/5 13:09 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

128 人のユーザが現在オンラインです。 (61 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)