このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.1156
こやしのいき
こやしの息

放送回:0730-A  放送日:1989年12月23日(平成01年12月23日)
演出:若林常夫  文芸:沖島勲  美術:門屋達郎  作画:若林常夫
山梨県 ) 8867hit
あらすじ

昔、ある人里はなれたところに、変り者で節約家の佐平(さへい)という男が住んでいました。

佐平さんは、年中裸ですごし、夜は明かりもつけずに節約し、字を書くための道具を買い揃えました。佐平さんは、書道が趣味で、毎日の暮らしを節約して紙や墨を購入していました。

ある日、知り合いの宇平(うへい)さんが、佐平さんの節約ぶりを見に訪れました。宇平さんが「年中裸で過ごしているが寒くないのか?」と訊ねると、佐平さんは天井に細い縄で吊るした大岩を指さして「この岩がいつ落ちてくるかと考えると、冷や汗が出てきて暑くてたまらない」と、答えました。

やがて、宇平さんは屁がしたくなり、はばかり(トイレ)を借りようとしました。しかし佐平さんは、その屁を紙ぶくろに入れて「これは肥やしの息だから」と言って、畑の大根にしっかり嗅がせました。

宇平さんは、佐平さんの驚きの節約術をあれこれ聞いているうちに、あたりはすっかり暗くなりました。宇平さんは、そろそろ家にかえろうと玄関の草履をさがしましたが、暗くて何も見えませんでした。そこで佐平さんは、灯りの代わりにと、棒で自分の頭をしたたかに叩き、目から火を出しました。

宇平さんは、佐平さんのあまりの節約ぶりに、逃げるようにして家に帰りました。その後の佐平さんは、あいかわらず節約しながら随分と長生きしたそうです。

(紅子 2013-10-13 1:10)


ナレーション市原悦子
出典土橋里木(未来社刊)より
出典詳細甲斐の民話(日本の民話17),土橋里木,未来社,1959年03月31日,原題「藁のおくりもの」,採録地「西八代郡上九一色村」,話者「土橋喜一」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
5.4000 5.40 (投票数 5) ⇒投票する
※掲載情報は 2013/10/13 1:10 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

39 人のユーザが現在オンラインです。 (34 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)