このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.1086
ぬのびきだき
布曳滝

放送回:0684-B  放送日:1989年01月28日(平成01年01月28日)
演出:あがわさち  文芸:沖島勲  美術:阿部幸次  作画:上口照人
三重県 ) 17395hit
あらすじ

昔、三重県名張(なばり)に豪族が住んでいました。その豪族の娘、紅姫(べにひめ)が、赤目山にばあやと一緒に紅葉狩に出かけたときのことです。

紅姫はあまりの紅葉の美しさに「母上は紅葉がことのほかお好きだから、ひと枝持って帰って見せて差し上げよう」と紅葉の枝を折りました。すると、瞬く間にあたりの様子が一変し、強い風が吹いて霧が立ち込めました。

風がやんで紅姫が顔をあげると、ばあやが居ないばかりかどういうわけか全く知らない場所に来ていました。霧が晴れ自分が居る場所を見てみると、なんとそこは断崖絶壁の上でした。

あまりの事に紅姫がうちひしがれていると「いかなる理由があろうと山を傷つけてはならない。罰として紅葉の繊維を糸として百尺の布を織り上げ、絶壁を下りて帰るように」と神様の声がして、機織り機が現れました。

それから紅姫は紅葉の木から繊維をとると、必死に機を織り始めました。しかし、慣れぬ機織りは進まず、季節は秋から冬に、そして春になっていきました。苦労の末に、紅姫は百尺の布を織り上げ、それを伝って断崖の下にたどり着くことができました。

するとそこには、ずっと紅姫を探し続けていたばあやが立っていたのです。「よくぞご無事で」と駆け寄るばあやと一緒に、今まで苦労して織り上げた百尺の布を見上げると、なんと紅姫が織った布は瞬く間に滝に変わったではありませんか。

驚く紅姫の耳に、「お前の布を織りあげた時のこの魂が消えぬ限り、この滝は永遠に流れるだろう」と神様の声が聞こえました。紅姫が布を曳いて滝ができたので「布曳滝」と言い、今でもこの滝は途切れることなく流れ続けているということです。

(投稿者: もみじ 投稿日時 2012-6-22 0:39 )

※ 3.3尺で約1m 100尺=約30m


ナレーション常田富士男
出典三重県
場所について布曳滝(赤目四十八滝)地図は適当
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
8.5714 8.57 (投票数 7) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/6/22 3:08 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

90 人のユーザが現在オンラインです。 (33 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)