このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.1065
かきのせい
柿の精
高ヒット
放送回:0672-A  放送日:1988年10月22日(昭和63年10月22日)
演出:しもゆきこ  文芸:沖島勲  美術:しもゆきこ  作画:大西治子
宮城県 ) 31901hit
坊主の尻から柿が出てくる話

昔々、ある村に柿の木を庭にたくさん植えている家があった。

一方、この家の隣には、柿の木が一本もない貧乏なばあ様が住んでおった。ばあ様は常々、美味しそうな隣家の柿が食いてぇなあと思っておった。しかし、隣の婆さまはケチで、柿の実を一つたりとも分けようとはしなかった。

そんなある夜の事。ばあ様の家に、一人の入道坊主がやってきた。ばあ様が美味しい柿が食いてぇと言っていると、男は、それなら食わしてやろうと言って、台所へ行き皿を取った。

しばらくすると、男は、つぶれた柿の実のようなものを皿に盛って戻ってきた。そして、その皿の上のものをばあ様にすすめるのである。ばあ様が、言われるがままに食べてみると、これがすごくおいしい。ばあ様は、もっと食いてぇと言うので、男はまた台所の方へ行った。

ちょうどその頃。ばあ様の息子が家に帰ってきた。息子は、母親の家にいる入道坊主を見て、なにやら怪しいと思い、家の中をのぞいてみる事にした。すると・・・なんと、その男は皿に糞をした。そして、それを持って居間にもどり、あろうことかそれを母親に食べさせたのである。

息子はこれに激怒した。大事な親にあんなものを食べさせるなんて!息子は怒りのあまり、家から出てきた入道坊主をまさかりで殺してしまった。母親は息子の行動に仰天して、「何をするだ、この人はオラにおいしい柿を食べさせてくれたのに!」と怒った。そして、我が子が人を殺してしまったと思い、恐ろしくなった。

どうしょう・・・二人はその場に立ちつくした。明け方までそうしていたころと、男の遺体に変化が現れた。なんと、男はつぶれた柿の実に変化していたのである。それと同時に、あれほど実っていた隣の柿は、全部地面に落ちて食べられなくなってしまった。

きっと、あの男は柿の木の精霊だったのだろう。ばあ様があまりに柿を食べたがるので、おいしい柿を食べさせに、ばあ様の家にやって来たのかもしれない。

(投稿者: パンチョ 投稿日時 2012-8-22 1:18 )


ナレーション常田富士男
出典宮城のむかし話(日本標準刊)より
出典詳細宮城のむかし話(各県のむかし話),宮城のむかし話刊行委員会,日本標準,1978年06月10日,原題「カキの精」,採録地「牡鹿郡女川町」,話者「岩崎としえ」,再話「佐々木徳夫」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
6.2000 6.20 (投票数 5) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/8/22 1:33 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

40 人のユーザが現在オンラインです。 (34 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)