このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.1061
きんのしいのみ
金の椎の実

放送回:0669-B  放送日:1988年10月01日(昭和63年10月01日)
演出:柏木郷子  文芸:沖島勲  美術:安藤ひろみ  作画:柏木郷子
京都府 ) 13259hit
あらすじ

京都の福知山にある天神様の社の傍に、みよと言う娘が暮らしていました。みよは猟師だった父親を早くに亡くし、母親と二人で暮らしておりました。

ある時みよの母親が、日頃の無理が祟って重い病気になってしまいました。みよは毎日甲斐甲斐しく母親の看病を続け、天神様の社に母親の病状平癒の祈願を続けましたが、母親の容体は良くなりませんでした。

ある日、みよは天神様の社からの帰り、傷ついたコウノトリが雛を抱えたまま、野良犬に襲われているのに出くわしました。みよは野良犬を追い払い、コウノトリ を助け出しましたが、コウノトリの親は既に死んでおりました。残された雛を哀れに思ったみよは親コウノトリを埋葬し、雛に「ピーコ」と名付けて育ててやる事にしました。

ピーコはみよの世話の御蔭ですっかり大きくなりました。そんなある日、みよが母親の看病に疲れてうたた寝をした隙に、ピーコが居なくなってしまいました。悲しくなったみよがしくしく泣いていると、突然白い着物に白い頭巾を身につけた美しい女の人が現れ「みよさん、貴方の御蔭で私の娘はあんなに元気に育ちました」と言って、空を悠々と飛ぶピーコを指し示しました。その女性は、あの時死んだコウノトリの霊の化身だったのです。

女の人は「今度は私が貴方に恩返しをする番です。天神様の社の傍に、金色に輝く椎の実を置いておきます。それを煎じておかあさんに飲ませなさい。必ず病気が治りますから」そう言って姿を消しました。

みよが天神様の社に行ってみると、本当に金色の椎の実が落ちておりました。みよがそれを持ち帰り、煎じて母親に飲ませると、たちまち母親の病気は治り、元気になったと言う事です。

(投稿者:熊猫堂 投稿日時 2014/1/27 0:18)


参考URL(1)
http://a-shi-a-to.blogspot.com/2016/03/blog-post_23.html
ナレーション常田富士男
出典京都府
場所について福知山市生野3-3の天神社
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
9.7143 9.71 (投票数 7) ⇒投票する
※掲載情報は 2014/1/27 1:03 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

29 人のユーザが現在オンラインです。 (22 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)