このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0102
たろまるのはなし
たろ丸の話
高ヒット
放送回:0063-A  放送日:1976年12月18日(昭和51年12月18日)
演出:樋口雅一  文芸:沖島勲  美術:青木稔  作画:森田浩光
要調査 / 静岡県 ) 39797hit
あらすじ

伊豆の民話(未来社,1957年11月25日)に、同タイトル名のお話があり「このお話かもしれない」ということであらすじを書いてみます。

むかし、天城の狩場に早撃ちの新と呼ばれる狩人がおり、獲物の群れを見つけると、続けざまに撃って逃げる隙も与えないほどの腕前でした。新の小屋は深い山間にあり、おかみさんと赤ん坊と狩犬とで暮らしていました。犬の名前はたろ丸といい、主人の言うことは何でもよく分かる利口な犬でした。また、主人が道に迷った時なども自分の小屋の方角を知っていて、主人を案内するのでした。

或る時、新のかみさんが病気になり、山奥のことでもあって、医者にかかれないまま、亡くなってしまいました。新は小屋のほとりにかみさんの墓を作り、菩提を弔いました。これからは赤ん坊を一人でみなければなりません。新はたろ丸に言いました。「たろよ。今日は留守してくりょう。赤のそばについててくりょうよ。俺が帰ってくるまで、どこにも行かずに、赤のそばで守りをしてくりょうよ」たろ丸は尻尾を振って、赤ん坊のそばにジッと寄り添いました。そして、心得た顔つきで、赤ん坊のよだれの垂れたアゴの辺りをペロリと舐めてやったり、ときどき外の物音に耳を澄ませたりする様子でした。それを見た新は「ほんのしばらくの間だから」と言って小屋を後にしました。

ところが、思いもかけないことから狩りは三日もかかってしまいました。獲物を追って足を滑らせ、深い谷へと落ちてしまったのです。気が付いた時には辺りは真っ暗で、星が瞬いていました。「こりゃあ、困ったことになった」と、新は赤ん坊やたろ丸のことが心配でたまりません。体を起こそうとすると、腰を強く打ったと見えて、立ち上がることもできず、それでも重い体を引きずって、谷川の水でノドを潤しました。少し動いたせいか、腰の痛みも激しくなり、その日は谷を上がることもできずに過ごしました。その次の日は鉄砲を杖にして立ち上がり、一歩あるいては休み、二歩あるいては一息入れ、やっと、谷底から這い上がった頃にはもう夕方になっていました。

でも、新は元気を出しました。谷底から這い上がることができれば、後は小屋までの杣道。鉄砲を杖にして行けば、いくらかは苦しくても、何とか帰り着くことができる。新は待たせている赤ん坊とたろ丸の身を案じながら、力を振り絞って、ようやく小屋へとたどり着くことができました。しかし、小屋の様子はひどい有様で、戸は押し倒され、辺りには点々と赤い雫が落ちています。よく見ると、それは血の跡でした。その時、薄暗い小屋の中から、のそりと物の動く気配がしました。目を凝らすと、そこにはたろ丸がいました。いつもなら、駆けてきて飛びつくのに、何か様子が変でした。たろ丸の口元を見ると赤く、体中にも赤い血でまみれていました。

それを見て、新はハッとしました。「おのれ。三日も留守にしたで、空腹に耐えきれず、赤を食うたな」と叫ぶや否や、自分が杖にしていた鉄砲を握りしめ、いきなりたろ丸の頭へと打ちおろしました。たろ丸は低くうめいて倒れ、ヒクヒクと手足を震わせました。その時、小屋の隅の方で赤ん坊の泣く声がしました。見ると、赤ん坊のカゴが隅に押し付けられており、その中で赤ん坊が愛らしい口元を大きく開けて泣いていました。そして、そのカゴのすぐ近くには二匹の山犬が転がっており、噛み裂かれた血まみれの姿で死んでおりました。たろ丸は主人の子を守って、山犬と戦い、倒していたのでした。

新はオオウと呻いて、たろ丸に駆け寄り、抱きしめました。たろ丸は山犬との戦いで深手を負い、新の一撃ですっかり事切れてしまっていました。その後、新はふっつりと狩人をやめて、里に下りました。「おらぁ、犬にも劣る人間よ」会う人ごとに、新はこういって涙を落としたということです。

(投稿者: araya 投稿日時 2011-12-20 1:55 )


参考URL(1)
http://d.hatena.ne.jp/manga-do/20060307
ナレーション市原悦子
出典岸なみ(未来社刊)より
出典詳細伊豆の民話(日本の民話04),岸なみ,未来社,1957年11月25日,原題「たろ丸の話」,採録地「湯ヶ島長野」
場所について静岡県伊豆市湯ケ島長野(地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
9.3103 9.31 (投票数 29) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/12/20 3:27 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

23 人のユーザが現在オンラインです。 (17 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)