トップページ >  お話データベース >  中部地方 >  北陸地方 >  石川県 >  大豆とそばと小豆
No.0989
だいずとそばとあずき
大豆とそばと小豆

放送回:0624-A  放送日:1987年11月14日(昭和62年11月14日)
演出:殿河内勝  文芸:沖島勲  美術:田中静恵  作画:殿河内勝
石川県 ) 5664hit
あらすじ

昔むかし、田んぼでは稲が植えられ、お百姓さんからあれこれ手をかけてもらって、大切に大切に育てられていました。そんな稲の育つ田んぼの脇っちょに、大豆とソバと小豆がいました。

ある時、ソバが「俺は稲ほど手がかからない、どんなに痩せた土地でも育つ!」と自分の良さをアピールしました。大豆は「わしだって場所は選ばないし、手もかからない」と主張し、やがて言い合いになりました。

両者の間に挟まって小さくなっていた小豆が「どっちが偉いか、里まで見に行ってはどうだろう」と提案しました。3人が里の民家の台所を見学していると、味噌樽を見つけました。

大豆は「味噌の元になっているのは大豆だし、醤油や豆腐の元になっているのも大豆だ」と言いました。ソバは「おまんまの代わりになるのは、ソバ団子やそば切りや蕎麦だ」と言い返しました。とうとう大豆とソバは喧嘩をはじめてしまい、言い合いでは済まなくなった大豆が怒りに任せてソバをガツンと殴りつけました。

殴られたソバは、角を一つ欠いてしまい三つの角になってしまいました。大豆は怒りのあまり、ねっとりと油っぽい汗をかくようになりました。気の小さい小豆は、真っ赤になってぶっ倒れてしまいました。大豆の様子に驚いたソバは、そのまま山の高い所へ逃げていきました。

それからというもの、大豆は脂っこくなり、ソバは三角形になって山の荒れ地でも育つようになり、小豆は赤い実となりめでたいお赤飯にも入るようになりました。そして、大豆もソバも小豆もそれぞれ人の役に立っているうちに、今では喧嘩したことも忘れてしまったそうです。

(紅子 2013-8-10 3:19)


ナレーション市原悦子
出典小倉学「白山山麓白峰の民話」より
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価6.0000 6.00 (投票数 2) ⇒投票する
※掲載情報は 2013/8/10 3:19 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 27  件):   <前  1 ..  14  15  16  17  18  19  20  .. 27  次>  
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

33 人のユーザが現在オンラインです。 (23 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)