トップページ >  お話データベース >  東北地方 >  青森県 >  鬼婆の糸つむぎ
No.0947
おにばばのいとつむぎ
鬼婆の糸つむぎ

放送回:0596-A  放送日:1987年04月25日(昭和62年04月25日)
演出:小林三男  文芸:沖島勲  美術:井上由美  作画:若林常夫
青森県 ) 10068hit
一人で生きていく幼い娘を応援する鬼婆

昔、津軽の村はずれに、両親を亡くした幼い娘がたった一人で暮らしていました。娘は毎日毎晩麻糸を紡ぎ、町に売りに行って生活をしていました。

しかし、幼い娘にとって麻は硬すぎて、なかなか上手に紡ぐ事ができません。ある夜、死んだ母親の事を思い出し、寂しくなって思わず「おっかあぁ…」と月に向かって叫びました。

すると強い風が吹く中、どこからか恐ろしい形相の鬼婆が現れました。鬼婆は「泣くワラシはいないか、いたら食ってまうぞ」と娘に言いました。怖くなった娘は家の中へかけ込みましたが、なぜか鬼婆は家の中で座っていました。

鬼婆は、娘の麻糸の束をモリモリと食べ「この麻糸を食ったら、次はお前を食う」と、娘を脅しました。娘が「もう泣かない」と約束すると、鬼婆は先ほど食った麻糸を一本一本お尻から出しはじめました。

鬼婆の尻から出た麻糸は、黄金色に輝きながらふんわりと宙を舞いました。この麻糸はまるで真綿のようなやわらかさで、幼い娘でも上手に紡ぐ事ができました。娘は、鬼婆の尻から出た麻糸のおかげで上手に紡ぐ事ができるようになり、もう決して泣く事はありませんでした。

(紅子 2012-5-17 23:31)


ナレーション市原悦子
出典佐々木達司「西北のむがしコ」より
出典詳細西北のむがしコ,佐々木達司,文芸協会出版,1960年8月20日,原題「糸をつむぐおにばば」
場所について陸奥の津軽
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価9.2857 9.29 (投票数 14) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/5/17 23:31 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 25  件):   <前  1 ..  13  14  15  16  17  18  19  .. 25  次>  
コメント一覧
7件表示 (全7件)
お花屋さん  投稿日時 2017/1/21 22:18
いい話ですね。人は生きていかなければなりません。鬼婆が導き者って最高です。
ゲスト  投稿日時 2016/11/21 20:53
見かけは怖いけど、女の子にとっては
生きる術を教えた恩人でしょう。
真美  投稿日時 2015/11/20 12:48 | 最終変更
>>柿の精の話と言いもうね…何 故 わ ざ わ ざ 尻 か ら 出 す
試練か、それが試練だというのか

これ読んで爆笑しましたwww
moco  投稿日時 2015/10/27 4:24
個人的には最高傑作です。
重く暗い雰囲気の中にも温かみがあり、昔噺ならではの素朴な美しさがあります。
女の子が吹き荒ぶ風の中泣くシーンから鬼婆登場までの辺りが特に印象的でした。
ゲスト  投稿日時 2014/10/13 23:14
柿の精の話と言いもうね…何 故 わ ざ わ ざ 尻 か ら 出 す
試練か、それが試練だというのか
七紙  投稿日時 2014/6/14 15:00
この鬼婆普通に優しい奴じゃんw

泣かずに頑張って生きろって教えてあげに来た。
ザンキ  投稿日時 2013/11/26 19:31
もう20過ぎてから見た作品だが、、、こわかた?
でも怖いだけじゃぁなくて味わいのある作品。あるしゅハッピーエンド
投稿ツリー
7件表示 (全7件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

15 人のユーザが現在オンラインです。 (10 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)