No.0885
たちいわぎつね
立岩狐

放送回:0557-A  放送日:1986年07月19日(昭和61年07月19日)
演出:森川信英  文芸:沖島勲  美術:小出英男  作画:森川信英
岡山県 ) 6463hit
足の不自由な若者が、狐に騙されて岩を背負うと足が直ったという話

むかし、岡山の新城(しんじょう)に、牙の形に切り立った大岩がいくつかある所がありました。大岩の洞穴には、美作の津山から流れて来た狐達が住み着いておりました。村人達はこの大岩を狐岩と呼んで、誰も寄りつきませんでした。

狐岩の狐達は村に降りてきて、粟を干してあるムシロの上を濡れた体で転げ回ったり、醤油樽に飛び込んだりして、体中に粟や醤油をくっつけて戻り、年寄りや子供の狐と一緒に食べるのでした。ですが、村人達が怒って鍬や棒を持って見張りをするようになったので、狐達は食べ物を捕れなくなっておりました。

ある日、村の庄作(しょうさく)という若者が親類の祝言の帰りに狐岩の前を通りかかり、子供が狐岩に縄をかけて背負おうとしているのに出くわしました。庄作は足が不自由でしたが、村一番の力持ち、正直で働き者な優しい若者でした。庄作は子供に代わって狐岩を背負おってやることにしました。

その隙に、子供は狐の姿に変わり、庄作の土産のご馳走を洞穴に運びこんで仲間の狐達と食べてしまいました。やがて夜になりましたが、庄作は騙されているとも知らず精根こめて狐岩を背負おうとしておりました。狐達ははじめは笑っていましたが、やがて庄作のあまりに真剣な姿に心を打たれました。

狐達は次々に狐火をともし、庄作を励ますように周りを煌々と照らし始めました。庄作はその火を見ると不思議に根気がわいてきて、なお一生懸命岩を背負おうとしました。そのうち狐火は、庄作の足のあたりでグルグル回り始めました。

やがて夜が明け、庄作はハッと我に帰りました。そうして、不自由な足が動くようになっていることに気づいたのです。それ以来、新庄の狐岩は立岩(たちいわ)と呼ばれ、足の不自由な人がその岩を背負う真似をすると治るとされ、いつも新しい縄が縛られるようになりました。そうして狐達は立岩狐と呼ばれ、人々に大切にされたということです。

(投稿者: ニャコディ  投稿日時 2013-6-8 19:59 )


ナレーション市原悦子
出典稲田浩二(未来社刊)より
出典詳細岡山の民話(日本の民話36),稲田浩二,未来社,1964年03月15日,原題「立岩狐」,採録地「久米郡」,話者「福田孝子」,採集「藤田啓祐」,斉和「福田和子」
場所について立岩様(地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:立岩様(地図は適当)
追加情報
このお話の評価9.5000 9.50 (投票数 6) ⇒投票する
※掲載情報は 2013/6/8 20:16 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 33  件):   <前  1 ..  11  12  13  14  15  16  17  .. 33  次>  
コメント一覧
3件表示 (全3件)
yassan  投稿日時 2017/1/8 13:22
しゅうちょう様

地元情報ありがとうございました!早速、立岩様の場所にピンを立てました。
しゅうちょう  投稿日時 2017/1/8 10:28
県道352号線の標識に近い所の位置で、道路沿いにあります。地元の人の話によれば、県道拡張工事で現在の位置に移動したということです。
beniko  投稿日時 2013/6/8 20:18
この岩は、実際に現存しているようですが、詳細な場所が(地図)がわかりませんでした。地元の方やご存じの方がいらっしゃいましたら、どの辺に位置しているのか教えてください。
投稿ツリー
3件表示 (全3件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

13 人のユーザが現在オンラインです。 (7 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)