トップページ >  お話データベース >  関東地方 >  千葉県 >  塩には負けた世界一
No.0880
しおにはまけたせかいいち
塩には負けた世界一

放送回:0554-A  放送日:1986年06月28日(昭和61年06月28日)
演出:斉藤起巳  文芸:沖島勲  美術:青木稔  作画:斉藤起巳
千葉県 ) 8248hit
あらすじ

昔、あるところに、自分が世界で一番強いと思っている蛙がいた。その蛙が自分の生まれた池や周りの岩山を眺めて、小さい世界だと馬鹿にしていると、頭上からトンボがやってきた。

このトンボは、蛙と同じ池で育った。オタマジャクシの頃の蛙は弱虫で、よく周りの生き物にいじめられていたのを、ヤゴだった自分がしょっちゅう助けてやっていたのだ。オタマジャクシの頃の蛙を知るトンボは、偉そうにしている蛙をからかう。

二匹が言い争っていたところ、そこに突然鳥もちを付けた竿が下りてきて、あっという間にトンボは捕まえられてしまった。鳥もちに捕えられてはトンボは手も足も出ない。それを見た蛙は、やはり自分が世界一だと高笑い。しかしふんぞり返っていた蛙は、一瞬で何かに飲み込まれてしまった。

蛇だ。蛙を一飲みにした蛇の腹の中で必死に暴れるが、蛙はあえなく溶かされてしまった。

世界一だと豪語していた蛙を飲み込んで自分こそ世界一と蛇が得意になって、岩山の上でのんびりしていると、何と蛇の尻尾が溶けているではないか。

ナメクジがやってきて蛇の体を溶かし始めていたのだ。蛇が逃げる間もなく、あっという間に蛇を溶かして岩山の頂上に来たナメクジは、「空が飛べてもトンボは鳥もちに負けて、蛙は蛇に飲まれて負けて、その蛇は自分に体を溶かされて負ける」蛙よりもトンボよりも蛇よりも自分が強い、世界一だと得意になって周囲の岩山や松の景色を独り占めにし、絶景だ、絶景だと見渡していた。

ところがそこに突如雪が降ってきた。風流だと思っていたナメクジだが、雪が体に当たるとナメクジの体が溶けてしまった。雪だと思ったのは、何と人間が上から撒いていた塩だったのである。そして蛙やナメクジが小さい世界だ、絶景だと言っていた周囲は、人間の庭の盆栽だったんだとさ。

(投稿者:すず猫 投稿日時 2014/3/11 13:59)


ナレーション常田富士男
出典高橋在久(未来社刊)より
出典詳細房総の民話(日本の民話26),高橋在久,未来社,1960年05月15日,原題「塩には負けた世界一」,採録地「市原郡」,原話「市原郡誌」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価7.5000 7.50 (投票数 2) ⇒投票する
※掲載情報は 2014/3/11 16:07 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 15  件):   <前  1 ..  5  6  7  8  9  10  11  .. 15  次>  
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

31 人のユーザが現在オンラインです。 (20 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)