トップページ >  お話データベース >  近畿地方 >  うさぎ・亀・ふくろう
No.0845
うさぎかめふくろう
うさぎ・亀・ふくろう

放送回:0531-A  放送日:1986年01月18日(昭和61年01月18日)
演出:三善和彦  文芸:沖島勲  美術:濱地百合子  作画:三善和彦
近畿地方 ) 12344hit
あらすじ

昔ある所に足の速いのを自慢にしているうさぎがいた。しかしカメはそのことが気にくわず、うさぎを毛嫌いしていた。そこへカメの子分のふくろうがやって来て、何やらカメに入れ知恵をした。

ある日うさぎがいつものように野原を走っているとふくろうが「うさぎどんはたいそう足が速いそうだが、カメどんにはかなうまい。カメどんの足の速さは天下一じゃからな」と言った。それを聞いたうさぎはカメがオレより速いわけがない、駆け比べをしろと言ってきた。そこでうさぎとカメは駆け比べをし、うさぎはあっと言う間にゴールに着いた。

ところがどういうわけか、すぐ引き離したはずのカメがそこで汗をふいていた。驚いたうさぎはもう一度やろうと言って、今度は元来た道を駆け戻った。

するとまたまたカメがそこにいた。うさぎはどうしても負けたことが信じられず、何度も何度も行ったり来たりして駆け比べをしたが、何度やってもカメはうさぎより先にゴールに着いていた。うさぎは悔しくて悔しくてひとしきり泣き、とうとう泣き過ぎて目が真っ赤になってしまった。

うさぎはとぼとぼと帰っていったが、実はカメには双児の兄弟がいて、ひとりずつ反対のゴール地点にいただけだった。うさぎの悔しそう萎姿を見てカメとふくろうは大喜びだったが、そこへ神様がやって来て、うさぎを騙したカメとふくろうを 叱りつけた。

そして杖でカメの甲羅を強く叩き、カメの甲羅にはヒビが入ってしまった。そしてカメに悪い入れ知恵をしたふくろうは、お天道さまの下に置いておくわけにいかないと、夜しか目が見えないようにしてしまった。

うさぎの目が赤く、カメの甲羅にはヒビが入り、ふくろうが夜しか目が見えなくなったのはこういう話があったからだそうだ。

(引用/まんが日本昔ばなし大辞典)


ナレーション常田富士男
出典瀬川拓男(角川書店刊)より
出典詳細動物の世界(日本の民話01),瀬川拓男,角川書店,1973年5年20日,原題「うさぎ・亀・ふくろう」,伝承地「近畿地方」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価10.0000 10.00 (投票数 1) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/2/11 22:30 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
コメント一覧
1件表示 (全1件)
ゲスト  投稿日時 2013/8/30 23:03
うさぎとかめがリメイクされました。
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

40 人のユーザが現在オンラインです。 (33 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)