No.0842
さけかいこぞう
酒買い小僧

放送回:0529-A  放送日:1986年01月04日(昭和61年01月04日)
演出:若林常夫  文芸:沖島勲  美術:小出英男  作画:若林常夫
宮城県 ) 7533hit
あらすじ

むかしむかし、ある寺に和尚さんと小僧さんが住んでいました。和尚さんは酒好きで、寒い夜には「腹の底から温まるわい。」と言いながら晩酌をしておりました。

酒が足りない時には、雪の中、酒屋まで酒を買いに行かされる小僧さんは、飲むと体がぽかぽか温まるというお酒を飲みたいと思うようになっていました。

ところが、小僧さんがどんなに頼んでも和尚さんはお酒を飲ませてくれません。ただ、和尚さんは、冗談半分に「もし、わし一人で一斗(=10升)の酒を飲まねばならんことになったら、お前にも手伝ってもらうかのう。」と言うたそうです。その日から、小僧さんは、どうしたら和尚さんに一斗の酒を買わせることができるかを考えるようになりました。

そんなある夜、寺にお客さんがやって来ました。お客さんの話相手をしているうち晩酌の時刻になったので、和尚さんは小声で小僧さんに酒を買ってくるように言いました。ところが、小僧さんは大声で「酒はどれくらい買うのですか?」と聞き返したからたまりません。

お客さんの前で恥をかいてしまった和尚さんは、今後こういうことがないように、小僧さんと「指一本出したら一升の酒を買う」という合図を決めておくことにしました。

それからしばらくした寒い日、小僧さんは寺の池の厚い氷を割り、その上に雪をかけて割れている部分を隠しておいて、和尚さんを呼びました。そうして、言葉巧みに和尚さんを氷の上に誘ったのです。まんまと騙された和尚さんは、割れた氷の上に乗って、池の中に落ちてしまいました。

慌てた和尚さんは、引っ張り上げてもらおうと小僧さんの方に両手を伸ばして「早く!手じゃ!」と叫びました。すると小僧さんは和尚さんをほったらかして酒を買いに行き、一斗もの酒を買ってきたのでした。

和尚さんが理由を聞くと、小僧さんは「和尚さんが指を十本出して早くしろと言うたから、急いで一斗の酒を買ってきました。」と言うたそうです。

(投稿者:ニャコディ 投稿日時 2014/8/29 11:26) 


ナレーション常田富士男
出典山田野理夫(未来社刊)より
出典詳細宮城の民話(日本の民話24),山田野理夫,未来社,1959年12月31日,原題「酒買い小僧」,原話「山田はる」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価5.5000 5.50 (投票数 2) ⇒投票する
※掲載情報は 2014/8/29 14:41 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 30  件):   <前  1 ..  10  11  12  13  14  15  16  .. 30  次>  
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

22 人のユーザが現在オンラインです。 (11 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)