No.0841
おにむすめ
鬼娘

放送回:正月特番  放送日:1986年01月02日(昭和61年01月02日)
演出:高橋良輔  文芸:沖島勲  美術:中村和子  作画:金海由美子
秋田県 ) 10656hit
あらすじ

昔々、ある村にお爺さんとお婆さんが住んでおった。この老夫婦には、1人の気立てのよい娘っ子がいて、年老いた両親の世話をよくしていた。この娘、働き者の孝行娘であったが、1つだけ困ったことがあった。それは、普通の人の2倍も3倍も体が大きかったのだ。

この娘、さらに大変な力持ちで、ある時、言うことを聞かなくなった暴れ馬が道を突進してくると、なんとその馬を両手で高々と持ち上げてしまい、馬をおとなしくさせてしまったのだ。そんな訳で、村の子供たちからは毎日のように、「鬼娘、鬼娘」と囃し立てられ、からかわれていた。

そんなある日、娘が山に薪を取りに行った帰り道のこと。1人の村の若者が、薪を背負ったまま道端に腰を下ろしていた。若者は、薪を拾いすぎて歩けなくなってしまったと言うのだ。それを聞いた娘は、薪を背負ったままの若者をヒョイと自分の肩に乗せると、そのまま山道を降りて行った。

村の中で娘のことを馬鹿にしないのは、この若者だけであった。山道を下る途中、若者は、娘に自分のところに嫁に来てくれるように頼んだ。ところが娘は、「オラ、嫁になんか行かねえ!!こうして働いている方が性にあってるだ!!」といって、この話を断ってしまう。

娘は、実は若者のことが好きだったのだが、もし自分と夫婦になれば、若者は村の衆から鬼娘の亭主と馬鹿にされると思い、それが可愛そうで嫁入りの話を断ったのだ。

そうは言っても、やはり若者のことは頭から離れない。娘は次の日、物思いにふけりながら道を歩いていた。すると、娘は知らない間に山の奥深くにまで入り込んでいた。そこは、娘が一度も来たこともない場所で、娘の目の前には深い淵が広がっていた。

するとその時、どこからか娘を呼ぶ声がする。声は、淵の反対側の松と杉と檜(ひのき)から聞こえてくるようだった。不思議な声は言う。「これ娘や、我の影に向かって飛び込め。お前は心の優しい、感心な娘じゃ。我の影に向かって飛び込め。」

淵は深そうだったが、娘はこの声の言うとおり、水面に映る木々の影に飛び込んでみることにした。すると淵の水を浴びた娘は、不思議なほど心が素直になり、若者の申し出を受け入れて、若者の嫁になったそうだ。そして2人は子宝にも恵まれ、以後幸せに暮らしたそうな。

 

(投稿者: やっさん 投稿日時 2011-11-26 11:49)


ナレーション常田富士男
出典斎藤正(未来社刊)より
出典詳細津軽の民話(日本の民話07),斉藤正,未来社,1958年05月15日,原題「鬼娘」,採録地「弘前市石川町字大沢」,話者「桜庭もと」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価9.2000 9.20 (投票数 5) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/11/26 11:49 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 32  件):   <前  1 ..  16  17  18  19  20  21  22  .. 32  次>  
コメント一覧
1件表示 (全1件)
ゲスト  投稿日時 2014/10/13 22:47
男勝りなおなごほど、内に秘めた乙女心はでっかいもんです
若者は娘の見事な働きっぷりはもとより、そういう隠れた女らしさにも気付いてたんでしょうなあ
何か、今の肉食系女子と草食系男子のようなカップルですね(笑)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

82 人のユーザが現在オンラインです。 (59 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)