トップページ >  お話データベース >  中国地方 >  鳥と獣の戦い
No.0834
とりとけもののたたかい
鳥と獣の戦い

放送回:0525-A  放送日:1985年12月07日(昭和60年12月07日)
演出:前田康成  文芸:平見修二  美術:吉田陽子  作画:前田康成
中国地方 ) 6449hit
この大きな森と大きな原っぱは俺達のものだ!

むかしむかし、大きな森と大きな原っぱに鳥の国と獣の国があって、ある時、二つの国が領土をめぐって戦になった。獣達は、賢くて戦の駆け引きに長けた狐を大将にした。そうして、狐が尻尾を上げたら進撃する、尻尾を下げたら退却するという秘密の合図を決めて、戦に備えた。

一方、鳥達は年寄りで考え深い梟(フクロウ)を大将に選んだ。ところが、鳳凰(ホウオウ)という鳥が梟に、「あんたは昼は目が見えんから、夜の大将になれ。そうして儂を昼の大将にしてくれ。そうしてくれたら、来年の秋に大豆を5斗(1斗=約18?)あげよう。」ともちかけた。すると梟はその話を承知してしもうたそうな。

こうして鳥の大将は、昼は鳳凰、夜は梟となった。そんな二羽の元に一匹の蜂が訪ねてきて、自分は羽があるので鳥の味方になって、良い作戦を教えてやろうと言った。そこで、鳳凰と梟は蜂からその作戦を教えてもらった。

こうして鳥と獣の戦が始まった。「進め~!」狐が尻尾をピンと上げて命令すると、獣達は一気に進撃を開始した。ところがそこに蜂が現れて、狐の尻尾を針で刺したからたまらない。狐はあまりの痛さに、思わず尻尾を下げてしもうた。獣達は驚いたが、大将の命令なので慌てて退却したそうな。

それからも何度も、狐が尻尾を上げる⇒獣達が進撃する⇒蜂が狐の尻尾を刺す⇒狐が尻尾を下げる⇒獣達が退却する、ということが繰り返され、獣達はへとへとに疲れてしまった。すかさず昼間の大将である鳳凰の命令で鳥達が襲いかかり、獣達は総崩れになった。戦は鳥達の大勝利となり、鳳凰は鳥と獣の王になった。一方、狐の尻尾は蜂に刺されて腫れあがり、太くなってしまった。

翌年の秋、王となった鳳凰の元に、約束の大豆を貰うために梟がやってきた。ところが鳳凰は梟を全く相手にせんかったんじゃと。梟は怒って、それで今でも「ごろつき鳳凰、嘘つき鳳凰」と鳴いて飛びまわっておるそうじゃ。

(投稿者: ニャコディ  投稿日時 2013-6-16 17:02 )


ナレーション市原悦子
出典瀬川拓男(角川書店刊)より
出典詳細動物の世界(日本の民話01),瀬川拓男,角川書店,1973年5年20日,原題「鳥と獣の戦争」,伝承地「中国地方」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価0.00 (投票数 0) 0.00 (投票数 0) ⇒投票する
※掲載情報は 2013/6/16 18:39 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 5  件):   <前  1  2  3  4  5  次>
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

41 人のユーザが現在オンラインです。 (30 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)