トップページ >  お話データベース >  中国地方 >  島根県 >  天へ上りそこねた亀
No.0789
てんへあがりそこねたかめ
天へ上りそこねた亀

放送回:0496-A  放送日:1985年05月18日(昭和60年05月18日)
演出:山田みちしろ  文芸:沖島勲  美術:星野靖高  作画:山田みちしろ
島根県 ) 5918hit
あらすじ

昔ある所に、海の暮らしに飽きた一匹のカメがいました。

このカメは、浜辺で酒を飲んで文句ばかり言っては、小魚たちからカツアゲしたり、酒屋の亭主に乱暴したり、毎日やりたい放題に過ごしていました。

ある日、いつものように酒を飲んで浜辺で寝ていると、まっ黒な黒雲が広がり一匹の美しいメスの龍が現れました。龍は神様からの使いで、一通り雨を降らせて去っていきました。

この様子を見ていたカメは「自分も天に昇って神様になりたい」と思い、龍を呼び寄せるため毎晩たき火を焚き続けました。

そんなある日の事、とうとうあの時の龍がやってきて「あんたのしつこいのには負けた、天に連れて行ってあげよう」と言いました。カメは大喜びして、メスの龍の尻尾にしっかりとつかまりました。

龍はカメを連れて、天へ向かって登っていきました。カメは振り落とされないように、しっかりと口で尻尾をくわえていましたが、やがて天上が見えてくるとすっかり嬉しくなってきました。

カメはつい「早く天に行きたいのぉ」と、くわえていた口を開けてしまい、高い空から浜辺に向かって一直線に落ちていきました。地上に落ちたカメは、天へ上ることをすっかり諦めて海へ帰っていきました。

(紅子 2013-12-4 23:21)


ナレーション市原悦子
出典島根県
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報講談社テレビ名作えほん第099巻(発刊日:1988年4月)
このお話の評価10.0000 10.00 (投票数 1) ⇒投票する
※掲載情報は 2013/12/4 23:21 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 22  件):   <前  1 ..  8  9  10  11  12  13  14  .. 22  次>  
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

51 人のユーザが現在オンラインです。 (40 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)