トップページ >  お話データベース >  近畿地方 >  和歌山県 >  またじろ物語
No.0787
またじろものがたり
またじろ物語

放送回:0494-B  放送日:1985年05月04日(昭和60年05月04日)
演出:白梅進  文芸:沖島勲  美術:水野博  作画:白梅進
和歌山県 ) 5948hit
珊瑚寺の床下に住み着いた母ダヌキの話

昔、和歌山に珊瑚寺(さんごじ)というお寺がありました。

一ヶ月ほど前から、このお寺に「またじろ」という狸が住み着いていました。またじろという名前とは違い、実際はメス狸で妊娠していました。和尚さんや小僧さんや村人たちは、またじろの子供が生まれる日を楽しみにしていました。

今年の冬はとても寒く、たまじろはワラ束を敷いて暖をとっていました。しかし、ある時またじろが居なくなってしまい、和尚さんたちは心配で心配で仕方ありませんでした。

そんなある日の事、京の呉服屋から「産着の代金を集金にきました」とやってきました。和尚さんは「もしかして、またじろがツケで呉服屋から産着を買ったのかもしれない」と、思いました。

やがて京から帰って来たまたじろは、元気な3匹の仔狸を生みました。和尚さんは、可愛い赤ん坊が生まれてきた事を喜びながら、またじろに団子を差し入れしました。その時に「ウッホン、今度人を騙したらお寺から出て行ってもらうぞ」と言いました。

翌朝、またじろと仔狸はお寺の床下からいなくなりました。和尚さんは「まさか本気にして出て行ってしまうなんて」と、またじろに言った事を後悔しました。和尚さんたちの心に、ぽっかりと穴が開いたようでした。

しばらくたった頃、「またじろと仔狸たちは山の中で元気にしていた」と、ある村人から聞きました。和尚さんたちは心の底から喜びました。

それからしばらく経った秋のお彼岸の頃。寺の山門の前に、沢山の山の幸が置いてありました。きっと、またじろが持ってきてくれんだろうと、和尚さんは嬉しくなりました。それからも毎年、秋のお彼岸になると沢山の山の幸が届けられたそうです。

(紅子 2013-9-5 0:04)


ナレーション市原悦子
出典和歌山県
場所について珊瑚寺(さんごじ)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:珊瑚寺(さんごじ)
追加情報
このお話の評価7.5000 7.50 (投票数 4) ⇒投票する
※掲載情報は 2013/9/5 0:04 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 22  件):   <前  1 ..  6  7  8  9  10  11  12  .. 22  次>  
コメント一覧
1件表示 (全1件)
匿名希望  投稿日時 2014/9/12 10:45
和尚さんとタヌキの心温まるお話ですね。
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

32 人のユーザが現在オンラインです。 (17 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)