No.0786
てんぐとび
てんぐ飛び

放送回:0494-A  放送日:1985年05月04日(昭和60年05月04日)
演出:森川信英  文芸:沖島勲  美術:安藤ひろみ  作画:森川信英
山形県 ) 6736hit
元気者の爺さんが天狗と勝負して蕎麦の種をもらった話

むかし、山形の旭岳の麓の小さな村は、山に囲まれて陽あたりが悪く作物の育ちも悪かった。村人は懸命に働いたが暮らしは楽ではなかった。そこである時、働き者の爺様が、陽のあたる漆岳に新しく畑を作ることにした。

爺様は掛け声をかけ一心に畑を作ったが、やがてその掛け声は「あびらうんけんそわか」に変わっておった。爺様がその掛け声をかけると、体が浮きあがり畑が一つ耕されるのじゃった。爺様は喜んで漆岳の天辺まで次々に畑を作っていった。

その頃天狗山では、天狗が空を飛べなくなって困っておった。するとそこに爺様のあの掛け声が聞こえてきた。天狗は「阿毘羅吽欠蘇婆訶(あびらうんけんそわか)」と呪文を唱えて、“てんぐ飛び”の術で空を飛ぶのじゃが、その呪文を他の者に使われると空を飛べなくなってしまうのじゃった。

天狗は怒って風を起こし、爺様を天狗山に吹き寄せて「呪文を使うのを止めろ!」と言った。爺様は「あの掛け声を止めたら畑が耕せなくなる。絶対に止めん!」と言い返す。二人は三日三晩言い合ったそうな。

やがて腹が減った爺様が気絶してしまうと、天狗は呪文を唱え大きな鉢に一杯の細長い食べ物を取りだした。爺様がそれを食べると、とても美味しくお腹も一杯になるものじゃった。「こんな風に皆が腹一杯食えるように、村の暮らしを良くしたいんじゃ。」と爺様がぽつりと言うと、天狗は “蕎麦の実”を取り出して畑に植えるように勧めた。蕎麦は荒れ地でも良く育ち、さっき爺様が食べたのもこの蕎麦だったのじゃ。

爺様は喜んで、二度とてんぐ飛びの呪文は使わないと約束した。そうして爺様は天狗の風に乗って漆岳に帰って行った。帰る途中、爺様はうっかり転んで蕎麦の実を撒き散らしてしもうたが、それでも、夏が来る頃には漆岳の麓から天辺まで白い蕎麦の花が咲いたそうな。

こうして蕎麦のおかげで村人はひもじい思いをすることがなくなり、村の暮らしは陽があたるように明るくなったそうじゃ。

(投稿者: ニャコディ 投稿日時 2013-9-29 8:34 )


ナレーション市原悦子
出典山形県
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報講談社テレビ名作えほん第084巻(発刊日:1987年9月)
このお話の評価7.0000 7.00 (投票数 2) ⇒投票する
※掲載情報は 2013/9/29 9:37 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 48  件):   <前  1 ..  22  23  24  25  26  27  28  .. 48  次>  
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

42 人のユーザが現在オンラインです。 (26 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)