トップページ >  お話データベース >  九州地方 >  大分県 >  幽霊になったヘビ
No.0782
ゆうれいになったへび
幽霊になったヘビ

放送回:0491-A  放送日:1985年04月13日(昭和60年04月13日)
演出:又野龍也  文芸:沖島勲  美術:小出英男  作画:又野龍也
大分県 ) 16951hit
蛇が美しい女に化けても足がないので幽霊じゃん

ある山の中に娘の姿に化けて現れ、山道を通る村人たちをからかって遊ぶタヌキがいた。友だちのヘビはそんなタヌキを見て、自分も娘に化けて村人をからかってみたいと言う。

タヌキは「化けるには自分の毛をひとつまみ頭に乗せないといけない」しかしヘビには毛がない。そこでヘビはほんの数本はえているまつ毛で化けてみることにした。

まつ毛は本数が少ないので、ヘビは毎日少しずつ数本のまつ毛を痛い痛いと泣きながら抜き、両手いっぱいの毛を集めた。少し毛が多すぎる気もするが、とりあえずタヌキは化け方を教えた。

いよいよ村人が通りかかったとき、ヘビは娘に化けたが…毛が多すぎたのか、正体がヘビだったためか、恐ろしい山姥のような姿になってしまい、からかうどころか村人は一目散に逃げて行ってしまった。

(投稿者: ゲスト 投稿日時 2012-6-5 23:08 )


ナレーション常田富士男
出典大分のむかし話(日本標準刊)より
出典詳細大分のむかし話(各県のむかし話),大分県小学校教育研究会国語部会,日本標準,1975年10月01日,原題「ゆうれいになったヘビ」,採録地「大分市」,話者「上野義作」,再話「酒井哲真」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価6.5000 6.50 (投票数 2) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/6/6 1:04 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 27  件):   <前  1 ..  15  16  17  18  19  20  21  .. 27  次>  
コメント一覧
4件表示 (全4件)
ゲスト  投稿日時 2022/2/23 12:17
老蛇を見た蛇嫌いな木を切る木こりとおにぎりを食べてる侍はびっくりして逃げて行く蛇が大嫌いな場面もあります。
Opera  投稿日時 2022/1/27 13:34
最初のあらすじがちょっと違う気が…
老狸は村人たちを揶揄うどころか化ける力が衰えていて尻尾が飛び出してしまい逆に村人からからかわれていたんですよ…そして老狸と老蛇がそれぞれの悩みをお互い言っている場面で老蛇が自分も化けてみたいと言い出し、ラストシーンで怖がられた蛇は悲しくなり老狸に慰められながら晩酌していたのでその三つをあらすじに追加してください。
もんた  投稿日時 2020/5/14 18:47
これはお笑いです。
ミミリン  投稿日時 2014/12/4 5:44
これ、蛇が娘になったときに爆笑していたのを
覚えていますw
音楽もマッチしていて蛇さんには悪いけど
屁ひり女房の話の次に面白かったお話でしたw
投稿ツリー
4件表示 (全4件)
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

15 人のユーザが現在オンラインです。 (13 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)