No.0751
ちっちのき
ちっちの木

放送回:0472-B  放送日:1984年12月01日(昭和59年12月01日)
演出:しもゆきこ  文芸:沖島勲  美術:しもゆきこ  作画:しもゆきこ
岩手県 ) 6197hit
あらすじ

昔、岩手に大変貧しい山里があった。

土地は痩せて石だらけで、作物が十分にできるわけがない。村人たちはひもじい思いをし、おっかあ達は赤ん坊に飲ませる乳も出ないのであった。「子供たちに腹いっぱい食わせてやりたい」が、親の共通の願いであった。

そんなある夜のこと、一人の山んばが大きな木を担いできて、村の真ん中に植えて行った。この木はどんどん大きくなり、こずえが天にささりそうなほどにまで成長した。この木が生えてから、豆や稲も実り、おっかあ達の乳もよく出るようになった。

いつの頃からか村人たちはこの木を「ちっちの木」と呼ぶようになった。

ある日村に大雨が降り、雷が落ちた。ちっちの木は雷に打たれ、真っ二つに割れてしまった。「何か悪いことが起こらなければよいが」という村人たちの心配は的中し、作物は実らなくなり、おっかあ達の乳も出なくなってしまった。

村人たちはちっちの木の周りに集まり、一心に祈った。村人たちの祈りが通じたのか、再び作物は実り、おっかあ達の乳もよく出るようになった。

冬が過ぎて春になったころ、この村では野焼きを行った。野焼きの日が飛び火して、ちっちの木は燃えてしまった。村人たちが立ち尽くす中、大金持ちの臼屋のだんなが人足を連れて、燃え残ったちっちの木を切り、切株だけ残して持って行ってしまった。すると西から冷たい風が吹き、飢饉が起こりおっかあ達の乳もまたでなくなってしまった。

村人たちは、大切なちっちの木を守ろうともせず、ただ見ていただけだったことを後悔した。そして臼屋のだんなのところへ行って、ちっちの木を取り戻してきた。そしてその木で小さな祠をつくり、ちっちの木の切株の前に建てて祈った。

すると、ちっちの木の切株から、新しい芽が出てきた。村人たちはその芽を大切に育てたということである。

(投稿者: カケス 投稿日時 2013-11-3 22:50)


ナレーション市原悦子
出典岩手県の民話(偕成社刊)より
出典詳細岩手県の民話(ふるさとの民話26),日本児童文学者協会,偕成社,1981年7月,原題「ちっちの木」,採録地「軽米町」,再話「菊池敬一」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価5.1111 5.11 (投票数 9) ⇒投票する
※掲載情報は 2013/11/4 0:02 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 80  件):   <前  1 ..  51  52  53  54  55  56  57  .. 80  次>  
コメント一覧
1件表示 (全1件)
TOSHI  投稿日時 2016/1/18 5:34
ヤマンバの登場は最初だけとは
にしても、町の旦那は大人しく木を返してくれたねえ・・・
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

26 人のユーザが現在オンラインです。 (18 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)