No.0724
じごくのおに
地獄の鬼
高ヒット
放送回:0455-A  放送日:1984年08月04日(昭和59年08月04日)
演出:フクハラ・ヒロカズ  文芸:沖島勲  美術:小出英男  作画:フクハラ・ヒロカズ
中部地方 ) 20446hit
計量をごまかす強欲な父親の罪を、死んでも責められる娘の話

昔、一人の六部(巡礼の僧)が、山奥の古びたお堂の軒下で野宿することにしました。

すると、どこからか地獄の鬼どもが現れて、米屋の娘を鉄棒で殴り始めました。「升の目を盗んだことを思い知れ!」「秤の目を盗んだことを思い知れ!」と、娘を殴り倒すのです。

この様子を震えながら見ていた六部は、翌朝さっそく町へおり、最近娘が死んだ米屋を訪ねました。昨夜の様子を父親に話すのですが、「死んだ娘がナゼ鬼から責め苦を受けるのか?」と信じてもらえず、二人でもう一度、山のお堂へ行ってみることになりました。

夜が更けると、やはり鬼どもが出てきて、今度は娘を釜茹でにしていました。死んでもなお、鬼から攻め続けられる娘は、悲しい悲鳴をあげながら耐えていました。これを見た父親は、升や秤を小さく作って計量をごまかしていたことを告白し、心から反省しました。

翌日、町に戻った父親は、蔵の中から貯め込んだ米や味噌や反物などを町の人たちに無料で配りました。そしてお堂の前で一生懸命、娘のためにお祈りしました。この懺悔により、娘は無事に天国へのぼっていく事ができました。

(紅子 2011-12-31 2:56)


ナレーション市原悦子
出典瀬川拓男(角川書店刊)より
出典詳細妖怪と人間(日本の民話07),瀬川拓男,角川書店,1973年4年20日,原題「地獄の鬼」,伝承地「中部地方」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価9.1667 9.17 (投票数 6) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/12/31 2:56 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 5  件):   <前  1  2  3  4  5  次>  
コメント一覧
1件表示 (全1件)
117  投稿日時 2013/8/20 16:45
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AD%E9%83%A8%E6%AE%BA%E3%81%97

六部殺しなどの言い伝えから派生した可能性もうかがえる。
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

45 人のユーザが現在オンラインです。 (37 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)