トップページ >  お話データベース >  関東地方 >  東京都 >  石の下のちゃわん
No.0718
いしのしたのちゃわん
石の下のちゃわん

放送回:0451-A  放送日:1984年07月07日(昭和59年07月07日)
演出:小林治  文芸:沖島勲  美術:なかちか東  作画:加藤鏡子
東京都 ) 9705hit
蛇に石を投げれば和尚さんに石がぶつかる!こっそり隠した小判の話

ある夏の暑い日、旅の若者三人連れが川越のお寺で一休みしていました。

やがて、一人の若者が厠(かわや)のためにお寺の裏庭へ行きました。若者が用を足そうとすると、井戸の横の石の上に白い蛇がいて、若者を睨みつけていました。怒った若者が石をぶつけても、白い蛇はそれにもめげずに石にしがみ付いていました。

その頃、寺の縁側に座っていた和尚さんの頭に、どこからか石が飛んでぶつかりました。次々に石が飛んでくるので、和尚さんの頭は血だらけになりました。縁側にいた二人の若者たちは投石の犯人だと疑われ、すっかり困っていた所に厠の若者が戻ってきました。

実はこの和尚さんは、石の下に長年かかって貯めた小判を隠していたのです。それを誰かに盗まれないかといつも気になり、その思いが和尚さんも気が付かないうちに蛇の姿となっていたのです。厠の若者から白い蛇の話を聞いた和尚さんは、少し恥ずかしそうに小判の事を打ち明けました。

あさましい心を恥じた和尚さんは、小判の入っていた茶碗を井戸に投げ捨て、貯めた七両の小判を三人の若者に譲りました。そして、和尚さんはますます精進を続け、旅の若者たちは楽しい旅を続けました。

(紅子 2011-12-14 2:56)


ナレーション市原悦子
出典川崎大治(童心社刊)より
出典詳細日本のふしぎ話(川崎大治 民話選3),川崎大治,童心社,1971年3月20日,原題「石の下のちゃわん」
場所について江戸は神田
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価8.0000 8.00 (投票数 4) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/12/14 2:56 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 28  件):   <前  1 ..  12  13  14  15  16  17  18  .. 28  次>  
コメント一覧
5件表示 (全5件)
ゲスト  投稿日時 2017/8/3 19:33
このアニメにおける下唇おじさん、痩せ男、泥棒髭の太った男の初登場回。
ゲスト  投稿日時 2016/1/23 16:50
川越の民話に下記の似た題名の話があった。(なお内容は未確認。)

「小江戸の民話」 文/市川栄一 絵/池原昭治 さきたま出版会 1996年
わらう民話
『小判と小石』

「川越の民話と伝説」 新井博 有峰書店新社 1990年 
 「埼玉県の民話と伝説」(全3冊)のうちの「川越編」を改題し、
 新装版として発行された本です。
町に伝わる民話と伝説   市内中・南部   通町 
『孝顕寺の小蛇』
  *川越の通町に昔、孝顕寺という禅宗の寺があったが、
   城主松平大和守家のお供寺とて所変えの時に殿様に従って前橋に移転した。
http://www.maroon.dti.ne.jp/kwg1840/minwa.html
じゅりあちゃん  投稿日時 2014/7/21 11:24
 下唇おじさん(私は顎と思っていたので、アゴ吉という名前を勝手につけましたよ)がお住職に。最後は改心したようですが、「茶碗は捨てましたが、小判はここに。」という相変わらずのひねくれっぷりは健在ですね。
マルコビッチ  投稿日時 2011/10/18 20:43
小林さん大好きです!!
マニアック  投稿日時 2011/10/18 20:33
小林作品おなじみのキャラクターたちが、この作品で初めて、顔を揃える。
投稿ツリー
5件表示 (全5件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

13 人のユーザが現在オンラインです。 (8 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)