トップページ >  お話データベース >  近畿地方 >  三重県 >  たましいのいれかえ
No.0715
たましいのいれかえ
たましいのいれかえ

放送回:0449-A  放送日:1984年06月23日(昭和59年06月23日)
演出:三善和彦  文芸:沖島勲  美術:関口良雄  作画:三善和彦
三重県 ) 7815hit
日向と伊勢の男が体験した、お互いの魂が入れ違う不思議な話

昔、日向から修業に出た旅人が、伊勢の安濃(現在の三重県津市安濃町)を通りかかった時の事。

旅人は少し休もうと長源寺(ちょうげんじ)の境内に入り、本堂で与兵衛という村の者と出会う。二人はしばらく四方山話をしていたが、やがてどちらともなく居眠りを始めた。

すると、あまりの気持ち良さに二人の魂までもがふわふわと飛び出して遊ぶようになった。ところが与兵衛の隣に住む源次が本堂で寝ている与兵衛を見つけ急に起こしたため、慌てた二人の魂があべこべに入ってしまう。魂が入れ替わったまま目覚めた二人は、与兵衛が旅人の杖をついて旅人が与兵衛の鍬を持って歩き出した。

しかし二人は魂が入れ替わった事を知らないので、村人が声をかけても与兵衛は知らん顔で街道を歩き続け、旅人は与兵衛の家に上がり込み夕飯の催促をする始末である。知らない男が亭主と言い張るのを見て与兵衛の女房は訳が分からず、隣の源次の家に駆け込んだ。

話を聞いた源次は早速与兵衛を探そうと、村人達に呼びかけ村中総出で街道沿いを探し回った所、運良く隣村の吾作の家に泊まっていた与兵衛を見つける。そしてやはり与兵衛も、自分は旅の者であり人違いだと言うのであった。

どうやら昼寝の間に二人がおかしくなったという事で、次の日村人達は二人をまた長源寺の本堂に座らせて昼寝させようとした。初めは不満そうだった二人も涼しい風に誘われるうち段々と昨日のように眠り出し、再び目覚めると二人の魂は元の身体に戻っていた。

こうして今までの話を知った二人は、この不思議な出来事はきっと本堂の十一面観音様が起こした奇跡に違いないと思い、十一面観音様に手を合わせた。後に人々はこの話を「伊勢や日向の物語」と言い、今も長源寺に語り伝えられているという。

(投稿者: お伽切草 投稿日時 2012-10-23 16:29 )


参考URL(1)
http://www5.tok2.com/home/byakuran/y2/yume10.htm
参考URL(2)
http://shrine-temple.jp/print/34122
ナレーション市原悦子
出典内海康子(偕成社刊)より
出典詳細三重県の民話(ふるさとの民話30),日本児童文学者協会,偕成社,1982年2月,原題「たましいのいれかえ」,採録地「安濃町」,再話「内海康子」
場所について長源寺(ちょうげんじ)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:長源寺(ちょうげんじ)
追加情報
このお話の評価9.1667 9.17 (投票数 6) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/10/23 23:00 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 28  件):   <前  1 ..  9  10  11  12  13  14  15  .. 28  次>  
コメント一覧
2件表示 (全2件)
ゲスト  投稿日時 2015/11/24 20:00
不思議な御話ですね。
マニアック  投稿日時 2011/10/24 20:49
「仙人のおしえ」同様、こちらも朝の再放送で、欠番に・・・もったいない。
投稿ツリー
2件表示 (全2件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

26 人のユーザが現在オンラインです。 (14 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)