No.0694
ゆきむすめ
雪むすめ

放送回:0435-B  放送日:1984年03月17日(昭和59年03月17日)
演出:芝山努  文芸:沖島勲  美術:木葉井悦子  作画:加藤鏡子
山形県 ) 8815hit
あらすじ

むかし北国の山奥に、樵の吉助(きすけ)爺さんと婆さんが住んでおった。

山の麓はもう春だというのに、山奥はまだ雪深いある夜のこと。爺さんと婆さんは囲炉裏の前で、麓の村へ嫁に行った娘の話をしておった。娘は毎年春になったら、必ず二人に会いに来るという約束じゃったので、二人は春が来るのをとても楽しみにしておった。

すると「こんばんは」という声が聞こえてきた。婆さんが戸口を開けてみると、自分の娘にとても良く似た娘が立っておった。婆さんは娘の氷のように冷たい手を取り、部屋の中に招き入れた。その途端、荒れ狂っていた吹雪はぴたっと止んだ。

娘は「私はもっと北の国へ行かなければならないのです」と言ったきり、どんな質問にも何も答えなかった。ただ、爺さんと婆さんが自分たちの娘の話を聞かせると、娘の目から涙が一粒こぼれ、手の上で粉雪になって散った。

爺さんが茹で栗や芋粥を勧めても、娘はそれを断り「ありがとうございました。私がここにいると娘さんは帰ってこられません。私がいると春がやって来ないのです」と言うた。爺さんが娘を止めようとその手を取ると、まだ氷のように冷たかったそうな。

娘が立ち上がると、今まで収まっていた吹雪がまた荒れだした。囲炉裏の火が消え、冷たい風に乗って雪が家の中に入ってきた。そうして娘の体は見る間に雪に変わり、煙のようになって天井の煙出しからスゥッと消えてしもうた。

あれは夢か、狐か狸の仕業かと驚く爺さんに、婆さんは「あれは雪娘じゃ。昔から雪娘を火にあてると北風が迎えに来るという。それに雪娘の手は氷のように冷たくて、触ると凍え死ぬそうじゃよ」と言うたそうな。

爺さんと婆さんは娘の手に触っても死なんかったし、二人は何となくあの娘が自分の娘のような気がして、涙をこぼしたそうな。そうして爺さんは、明日は娘が訪ねてくるような気がすると言って婆さんを励ました。

翌日は昨夜とはうって変わった暖かい日じゃった。「婆さん、娘がやってきたぞ~!」日に照らされた庭に爺さんの声が明るく響いておった。

(投稿者: ニャコディ 投稿日時 2012-9-17 13:11 )


ナレーション常田富士男
出典東北農山漁村文化協会(未来社刊)より
出典詳細みちのくの民話(日本の民話 別1巻),東北農山漁村文化協会,未来社,1956年06月10日,原題「雪むすめ」,話者「山形県上山市上山小学校教諭の萩生田憲夫」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価8.0000 8.00 (投票数 2) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/9/17 20:19 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 48  件):   <前  1 ..  17  18  19  20  21  22  23  .. 48  次>  
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

15 人のユーザが現在オンラインです。 (12 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)