No.0674
きつねづか
狐塚

放送回:0424-A  放送日:1983年12月24日(昭和58年12月24日)
演出:池原昭治  文芸:沖島勲  美術:池原昭治  作画:三輪孝輝
愛知県 ) 10338hit
あらすじ

むかしむかし、三河の国大浜の元本堂(もとほんどう)の森に、性悪狐が住んでおった。

元本堂の裏の浜辺には、いつ、どこからやって来たのか庄左衛門(しょうざえもん)という老人が一人で住んでおった。庄左衛門の作る薬は大層良く効き、また気さくな人柄じゃったので、村人は「庄左さ」と呼んで親しんでおった。

ある日、庄左衛門は薬草を取りに山に出かけ、元本堂の狐が足から血を流して苦しんでおるのを見つけた。庄左衛門が傷口に薬を塗ってやると、狐は足を引きずって山へ帰って行った。

しばらく経ったある月夜、庄左衛門が薬を作っていると、元本堂の狐がやってきた。狐は傷が治ったことを見せるかのように、家の前の芒野原を跳ねまわった。それからというもの庄左衛門と狐はすっかり打ち解け、狐は毎日庄左衛門の所にやって来るようになって、村で悪さをしなくなったそうな。

ある寒い冬の夜のこと。村の祝言に出席した帰り道、庄左衛門は海岸の崖で足を滑らせて海へ落ちてしもうた。岩にぶつけて額は割れ、大怪我をしていたが庄左衛門は必死に崖を這い上がった。そうして着物の袖をちぎって額に巻き、這いずって家に向かった。じゃが、あと少しという所まで来て、庄左衛門は気を失ってしもうた。

しばらくして庄左衛門が気がつくと、そこは家の中じゃった。額に手をやると、巻いたはずの布も、割れたはずの傷もない。不思議に思いながら家の外に出ると、庄左衛門の倒れていた同じ場所に、元本堂の狐が額に布を巻いて倒れておった。

見ると、狐の額は割れ、全身大怪我をしておるではないか。狐は、傷を治してもらった恩返しに、身代わりになって庄左衛門の命を救ったのじゃった。庄左衛門が泣きながら狐を抱き上げると、狐は一声鳴いて、そのまま息が絶えてしもうた。

庄左衛門はそれっきり、村から消えてしまった。どこへ行ったか誰にも分からなかった。ただ、庄左衛門が去った後に、狐の墓がぽつんと建てられておった。今はもう狐の墓もないが、狐塚という土地の名前だけが残っておるそうじゃ。

(投稿者: ニャコディ 投稿日時 2013-9-8 16:37)


ナレーション常田富士男
出典寺沢正美(未来社刊)より
出典詳細三河の民話(日本の民話65),寺沢正美,未来社,1978年04月10日,原題「狐塚」,採録地「碧南市」,話者「杉浦玉蔵」
場所について三河国の大浜
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価9.3333 9.33 (投票数 6) ⇒投票する
※掲載情報は 2013/9/8 18:15 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 39  件):   <前  1 ..  10  11  12  13  14  15  16  .. 39  次>  
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

29 人のユーザが現在オンラインです。 (17 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)