トップページ >  お話データベース >  東北地方 >  福島県 >  酒田のから堤
No.0663
さかだのからづつみ
酒田のから堤

放送回:0416-B  放送日:1983年10月29日(昭和58年10月29日)
演出:前田康成  文芸:沖島勲  美術:青木稔  作画:前田康成
福島県 ) 9303hit
カニとウナギは数が増えて仲が悪くなった末にどちらも全滅した。

昔、今の福島県相馬の七不思議のひとつに「酒田のから堤」というものがあった。

この池にはカニとウナギが住んでおった。互いの夫婦は住む穴もとなり同士で、始終行き来するなど仲良くしておった。赤ちゃんが生まれれば、お互いにお祝いし合った。

それから何年か経ち、ウナギもカニも以前のような付き合いをしなくなっておった。数が増えたもんで、住むところも食べるものも精一杯。ウナギはカニの掘った穴を拝借するようになり、カニはカニでウナギの食べ物を失敬するようになっておった。こうして両者の仲はだんだん悪くなっていった。

そんなある日、全くの偶然で、カニのハサミにウナギの尻尾が挟まり、あまりの痛さに思いっきり振ったウナギの尻尾はカニを吹っ飛ばしてしもうた。お互いに怒り、カニとウナギの戦争が始まった。長い戦いの末、ウナギは全滅しちまった。それからはカニの天下となり、堤は穴だらけになっていった。

それからというもの、堤には水が溜まらなくなり、しまいにはカニも生きていけなくなった。堤に水が溜まらない原因を土地の人はいろいろ噂したが、本当はカニが開けた穴が原因だったのじゃ。

(投稿者: もげお 投稿日時 2012-3-31 11:09 )


参考URL(1)
http://www.geocities.jp/ikoi98/photo/iwakisoumakaidou/iwakisouma-4/236.html
ナレーション常田富士男
出典三星賢二(偕成社刊)より
出典詳細福島県の民話(ふるさとの民話10),日本児童文学者協会,偕成社,1978年12月,原題「酒田のから堤」,採録地「双葉郡」,再話「三星賢二」
備考相馬の七不思議
場所について福島県福島県双葉郡浪江町酒田(地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:福島県福島県双葉郡浪江町酒田(地図は適当)
追加情報
このお話の評価8.0000 8.00 (投票数 2) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/3/31 11:51 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 47  件):   <前  1 ..  14  15  16  17  18  19  20  .. 47  次>  
コメント一覧
2件表示 (全2件)
にん  投稿日時 2012/7/22 19:31
大好きな話です。

最初は仲の良かったカニとウナギが
だんだん険悪になる様子が
子供心にとても嫌でした。

ラストで、誰もいなくなって
干上がった沼に、カエルがぴょんと跳んできて
悲しそうになくシーンも
脳裏に焼き付いています。
もげお  投稿日時 2012/3/13 6:21
場所は福島県福島県双葉郡浪江町酒田ですね。

Google マップの 37.512517,140.975919 あたり。
http://www.geocities.jp/ikoi98/photo/iwakisoumakaidou/iwakisouma-4/236.html
投稿ツリー
2件表示 (全2件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

27 人のユーザが現在オンラインです。 (20 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)