トップページ >  お話データベース >  中部地方 >  愛知県 >  ばあさん包み
No.0650
ばあさんつつみ
ばあさん包み

放送回:0408-A  放送日:1983年09月03日(昭和58年09月03日)
演出:白梅進  文芸:沖島勲  美術:阿部幸次  作画:白梅進
愛知県 ) 6363hit
あらすじ

昔、ある村のはずれに婆さまと娘の二人が住んでおり、二人は家の前の小さな田んぼで米を作り、細々と暮らしていた。娘は来年嫁入りすることになっていたが、一つ困ったことがあった。

それは、一人食いぶちが減るという理由で、来年から余計に年貢を納めねばならないという事だった。年貢は米五俵、実に田んぼで取れる米の半分もの量。それでも婆さまは一人で一所懸命働いた。

それから何年か経ったある夏の日、婆さまはようやく隣村に嫁いだ娘の所に遊びに行くことが出来た。婆さまは久々に娘に会え、孫の顔も見ることが出来て幸せだった。それで、もう少し年貢が軽くなれば年に数回くらい娘の家に行けるものを、と婆さまは思うのだった。

さて、娘の家からの帰り道のことだった。婆さまが山の中の道を歩いていると、何やらきれいな包みにくるまれた物が道に落ちている。近くに落とし主がいる様子もなく、婆さまは仕方なくこの包みを持ち帰り、明日にでも落とし主を探すことにした。

ところがその晩の事、婆さまが床に就くと、外ではにわかに風が吹き出した。そして、その風の音は「包み返せ、包み返せ。」と聞こえるのだった。翌朝、婆さまが起きてみれば、婆さまの家の戸に張り紙が貼ってあり、それには「昨日拾った包みを天狗岩まで届ければ良いことがある。」と書いてあるではないか。

婆さまは慌てて包みを山の奥の天狗岩の上に置いてきた。すると、またその晩に風が吹いた。そして翌朝、代官所の役人が婆さまの家に検地に訪れると、家の前には風で飛ばされて来た木の葉が積り、田んぼは見る影もない。そのおかげで婆さまは年貢を納めなくてよいことになった。そして役人が帰ると、また風が吹き田んぼは元通り。

あの包みの中身は天狗さまの羽うちわだったのだろうか?それからも役人が来る前の日には、毎年必ず風が吹いて田んぼを隠したので、おかげで婆さまは娘の家に時々遊びに行けるようになり、幸せに暮らしたということだ。

(投稿者: やっさん 投稿日時 2012-9-25 11:23)


ナレーション市原悦子
出典寺沢正美(未来社刊)より
出典詳細三河の民話(日本の民話65),寺沢正美,未来社,1978年04月10日,原題「ばあさんの拾った包み」,採録地「岡崎市」,採集「柴田誠」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価10.0000 10.00 (投票数 1) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/9/25 11:23 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 39  件):   <前  1 ..  7  8  9  10  11  12  13  .. 39  次>  
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

14 人のユーザが現在オンラインです。 (12 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)