トップページ >  お話データベース >  四国地方 >  愛媛県 >  子好き地蔵さま
No.0605
こずきじぞうさま
子好き地蔵さま

放送回:0379-A  放送日:1983年02月12日(昭和58年02月12日)
演出:池原昭治  文芸:沖島勲  美術:池原昭治  作画:池原昭治
愛媛県 ) 19588hit
お地蔵さまが赤ん坊のお世話をした話

昔、伊予国(いよのくに)の道後(どうご)の村はずれに、お地蔵さまがぽつんと立っていた。
そのすぐ近くに、貧乏だったが大変心やさしい百姓夫婦が住んでいた。

ある日、夫婦は赤ん坊を連れて畑仕事に出かけた。寝ている赤ん坊を畑近くの木の下に寝かせ、その間に百姓夫婦は一生懸命働いた。

しばらくして赤ん坊は目を覚ましたが、畑仕事に夢中になっていた夫婦は気が付かなかった。赤ん坊は、チョウチョを追って這い出し転がったり這いまわっている間に、バランスを崩して小さな川にすべり落ちてしまった。

とその時、どこかの子供が風を切って猛ダッシュで赤ん坊のところへ駆け付けた。溺れかけていた坊を川の中から救い出し、坊の濡れた服の代わりに自分が来ていた赤い腹掛けを着させてあげた。

その頃、百姓夫婦は自分達の赤ん坊がいなくなっていた事に気が付いた。二人は辺りを探したが、坊は見つからない。途方に暮れた百姓夫婦が家に帰ると、あのお地蔵さまが赤ん坊を背負ったまま立っているのを見つけた。

夫婦は坊の無事を喜び、赤ん坊を一日中世話してくれたお地蔵さまに感謝して、夫婦は何度もお礼を言った。その後村人たちは、この子ども好きなお地蔵様の事を「子好き地蔵様」と呼ぶようになった。

(紅子 2011-8-15 3:39)


ナレーション常田富士男
出典愛媛県
DVD情報DVD-BOX第3集(DVD第11巻)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報講談社テレビ名作えほん第060巻(発刊日:1986年9月)
講談社の300より書籍によると「愛媛県のお話」
このお話の評価8.8421 8.84 (投票数 19) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/8/15 3:39 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 22  件):   <前  1 ..  3  4  5  6  7  8  9  .. 22  次>  
コメント一覧
3件表示 (全3件)
日清皿太夫  投稿日時 2021/10/9 22:15
 池原昭治さんの絵柄はこのまま絵本でも見られますね。肩を落として歩く両親の姿など画力は確か。

 市原悦子さんの見事な赤ちゃん演技は最大の聴きどころ!自身は一度ならず流産し、子宝を得られぬ寂しさ口惜しさも抱いておられたでしょう。子を見つけた母の一声も驚きと喜びの熱量高く真に迫る。愛くるしさ百倍の名演でした。
華煌  投稿日時 2016/7/18 18:55
benikoさんって、楽しい方ですね。^_^
beniko  投稿日時 2011/8/15 3:41
小突き地蔵様。
投稿ツリー
3件表示 (全3件)
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

30 人のユーザが現在オンラインです。 (20 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)