No.0006
たのきゅう
たのきゅう
高ヒット
放送回:0003-B  放送日:1975年01月21日(昭和50年01月21日)
演出:近藤英輔  文芸:平見修二  美術:小関俊之  作画:金沢比呂司
山梨県 / 徳島県 ) 64754hit
たのきゅうが大蛇を騙して小判をゲット。

むかしむかし、『たのきゅう』という旅芝居の役者がおりました。

ところがある時、母親が病気になったので、たのきゅうは急いで故郷に帰ることになりました。途中、山の麓の茶屋で「夜の山にはウワバミが出て人間を喰ってしまう」という話を聞きましたが、先を急ぐたのきゅうは構わず歩き続けました。

暗い月影、寂しい山道。たのきゅうがびくびくしながら夜の山道を歩いて行くと、怪しい大男が現れました。大男がお前は何者かと聞くので、「た、た、たのきゅう…」と答えると、耳が遠いらしい大男は『たぬき』と聞き間違えて、女に化けて見せろといいだしました。

たのきゅうは大男を後ろ向きにさせ、その隙に芝居の道具を使って女に変装しました。さすがたのきゅうは役者でした。大男はたのきゅうが変装した女にすっかり喜んで「実は儂も化けておるんじゃ。」と、みるみる大きなウワバミに変わりました。

たのきゅうは震えあがり、気を紛らわすために思わず煙草に手を伸ばしました。するとウワバミは驚いて「やめてくれ、わしは煙草の煙が苦手なんじゃ!」と叫びました。そしてウワバミがたのきゅうの苦手な物はなんだとしつこく聞くので、たのきゅうは頭を働かせ「お金」が苦手じゃと答えて、どんどん山を降りました。

そしてたのきゅうは、この話を麓の村の人達に教えてやりました。すると、日頃からウワバミに苦しめられている村人達は、手に手に煙草を持って、ぷかぷかどんどん、ウワバミ退治に出かけました。煙草の煙に燻されて、さすがのウワバミもフラフラになってしまいました。

怒ったウワバミは最後の力を振り絞り、たのきゅうの家までやってきました。そうして「たぬき、これでも喰らえ!」と天窓から小判をざらざらと投げ込みました。「助けて~苦しい~」と小判にまみれながら苦しんでいたたのきゅう、「ざまあみろ!」と捨て台詞を残してウワバミが去ったとたん、にんまりと笑いましたとさ。

(投稿者: ニャコディ 投稿日時 2013-9-17 23:05 )


ナレーション市原悦子
出典(表記なし)
備考漢字で書くと、田野久
VHS情報VHS-BOX第1集(VHS第2巻)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報サラ文庫まんが日本昔ばなし第4巻-第019話(発刊日:1976年7月20日)/童音社BOX絵本_第35巻(発刊日不明:1970~1980年頃)/国際情報社BOX絵本パート1-第038巻(発刊日:1980年かも)/二見書房まんが日本昔ばなし第2巻-第07話(発刊日:2005年10月17日)/講談社デラックス版まんが日本昔ばなし第33巻(絵本発刊日:1985年07月15日)/講談社テレビ名作えほん第025巻(発刊日:1978年4月)
サラ文庫の絵本より絵本巻頭の解説には地名の明記はない
童音社の絵本より絵本巻頭の解説(民話研究家 萩坂昇)によると「山梨県の昔ばなし」
講談社のデラックス版絵本より“たのきゅう”という名の役者のとんち話で、落語にもとりあげられているお話です。うわばみが“たのきゅう”を“たぬき”と勘違いするのが、そもそもの発端。ここからもう、おかしみがこみあげてきますね。たのきゅうはうわばみの変身要求に、役者の衣装をつぎつぎ着かえて早変わりをしてみせ、さらに頭をはたらかせてまんまと小判をせしめてしまいます。たのきゅうに庶民のしぶとさ、たくましさを感じるとともに、自分の弱点をぽろっともらしてしまううわばみに、恐ろしさよりは人の良さを感じて、親しみがわいてきます。(徳島地方の昔ばなし)
講談社の300より書籍には地名の明記はない
レコードの解説よりLPレコードの解説によると「徳島地方の昔ばなし」
このお話の評価8.5000 8.50 (投票数 14) ⇒投票する
※掲載情報は 2013/9/18 0:23 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 23  件):   <前  1  2  3  4  5  6  7  .. 23  次>  
コメント一覧
7件表示 (全7件)
seiuchi  投稿日時 2017/1/27 23:38
徳島の民話として有名で、あまりにも有名すぎて落語にまでなった名作民話。
落語では、立川談志(ガッテンの志の輔の師匠)や六代目三遊亭圓生(腹黒い紫の圓楽の大師匠)の得意ネタ。
ゲスト  投稿日時 2017/1/8 21:27
たのきゅう、大好きです。DVDボックスに入れて欲しかった・・・。今でも待っています!
ゲスト  投稿日時 2016/10/31 23:13
 私は小学校低学年の時、この話を本で読みました。「たのきゅう」を「たぬき」と聞き間違えられたのを利用してとんちを働かせるところが面白かったです。

 「小判が嫌い」と、わざと反対のことを言ったのは、病気のお母さんのための薬がほしいから&本当に自分の嫌いなものをもらったら困るからでしょうね。

 
ゲスト  投稿日時 2014/7/19 19:33
子供がタバコをふかしている場面は今では教育上NG。
田野久  投稿日時 2013/12/23 15:34
DVD化をどうかお願い致します?
佐藤海飛  投稿日時 2012/5/19 20:44
たのきゅうの姿がおもしろい!!
マニアック  投稿日時 2011/11/6 11:12
最初のシーンで、子供がたのきゅうの担いでいる、荷物を覗こうとして、たのきゅうに怒られているシーンが存在していたことが、絵本で発見!テレビではカット。
投稿ツリー
7件表示 (全7件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

24 人のユーザが現在オンラインです。 (17 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)