トップページ >  お話データベース >  四国地方 >  愛媛県 >  大晦日の麦飯
No.0597
おおみそかのむぎめし
大晦日の麦飯

放送回:正月特番  放送日:1983年01月02日(昭和58年01月02日)
演出:前田康成  文芸:沖島勲  美術:阿部幸次  作画:前田康成
愛媛県 ) 9694hit
あらすじ

昔、ある村に大金持ちの大きな屋敷がありました。この屋敷に住む夫婦は、大勢の召使いにかしずかれ、何不自由なく暮らしていました。この召使いの中に、子供の時から奉公しているお房というよく働く女がいました。

ある年の大晦日、この村では年越しの晩だけは昔の苦労を忘れぬために麦飯を食べるしきたりがありました。お房はしきたりどおり麦飯を用意しましたが、すっかり贅沢な食事に慣れてしまっていた夫婦は、何かと理由を付けて食べませんでした。お房がたしなめると、夫婦は「生意気にも主人に意見するのか!」と怒りだし、お房をクビにしてしまいました。

長い間この屋敷で働いてきたお房にはどこにも行くあてがなかったので、今夜は馬小屋で寝て、明日出ていくことにしました。この様子をずっと見ていた麦の神様は怒り、自分も屋敷を出ていくことにしました。すると米の神様も一緒に出ていくと言い出し、それに賛同した金の神様も出ていくことになりました。

翌朝、お房が屋敷から出ていこうと門を一歩またぐと、釜や水がめや瓦や柱たちが騒ぎだしました。「お房が出ていくならおれたちも出ていく」と口々に言って、お房の歩く後について行ってしまいました。屋敷はすっかり形がなくなり、そうとも知らない金持ち夫婦は、まだ雪の上で寝ていましたとさ。

(紅子※講談社の決定版100より 2011-12-30 4:29)


ナレーション未見のため不明
出典クレジット不明
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
講談社の300より書籍によると「愛媛県のお話」
このお話の評価10.0000 10.00 (投票数 2) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/12/30 4:29 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 22  件):   <前  1  2  3  4  5  6  7  8  .. 22  次>  
コメント一覧
3件表示 (全3件)
ゲスト  投稿日時 2017/2/25 15:17
贅沢しすぎたり、他者を思いやらないと後になって報いをうけるということでしょうか。
華煌  投稿日時 2016/7/18 18:43
初めてのお話でしたが、胸がスカッとしました。
複雑な世の中ですが、こんなに単純明快にことが運べば、
生きやすいでしょうね。
アップして頂き、ありがとうございました。
匿名希望。  投稿日時 2013/10/2 14:46
お房に味方するのは神様だけじゃなく、家財道具や食材も味方するなんて珍しい!
投稿ツリー
3件表示 (全3件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

59 人のユーザが現在オンラインです。 (47 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)