No.0561
おみきかんのん
御酒観音

放送回:0351-A  放送日:1982年07月24日(昭和57年07月24日)
演出:フクハラ・ヒロカズ  文芸:沖島勲  美術:門屋達郎  作画:フクハラ・ヒロカズ
三重県 ) 6538hit
あらすじ

昔、弥兵衛という大変世話好きの男がおりました。

どれぐらい世話好きかというと、一晩とめた旅の商人が忘れた財布を届けるために三日も追いかけて渡すほどでした。こんな世話好きの男ですから、自然と村人が野良仕事の帰りに家によってお茶をもらったりしてゆっくりして行くようになりました。

ある夏の晩、夜も更けた頃にみすぼらしい身なりをした旅の老僧がやってきました。「どうか一晩、土間でもいいので泊めて欲しい」という老僧を可哀想に思った弥兵衛は風呂を沸かして老僧にすすめ、妻を起こして料理を振舞って丁寧にもてなしました。

次の朝、老僧は旅立つ時にお礼にと大切にしていた古い掛け軸を弥兵衛に手渡しました。開けてみるとそれは美しい観音様の絵が描かれていました。

夜、祭りの世話役の寄り合いをするため村の世話役が弥兵衛の家に集まりました。暑い夜だったので酒を振舞った弥兵衛でしたが、自分たちが飲む前にと観音様に御酒をお供えしました。

しばらく経った頃、みんなお酒がまわってどんちゃん騒ぎになりましたが、ふと一人が観音様のお酒をみると空になっています。おかしいと思って注いだところ、 またしばらく経つと空になっていました。誰が観音様のお酒を飲んだんだと言い合って、観音様を見てみると、なんと観音様の顔がほんのり赤く染まっていました。

「観音様がお酒を飲まれたのか」

この話が伝わって、前より多くの人が弥兵衛の家に集まるようになりました。「きっと弥兵衛の世話好きをみて観音様もお世話してもらいたい気になったに違いない」村人はそう言って、このお酒を飲む観音様をいつしか「御酒観音(おみきかんのん)」と 呼ぶようになりました。また、この御酒観音にお酒をお供えして分けてもらうと幸せになれるということです。

(投稿者: もみじ  投稿日時 2013-1-8 21:55 )


ナレーション市原悦子
出典三重県
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価7.3333 7.33 (投票数 3) ⇒投票する
※掲載情報は 2013/1/9 9:51 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 28  件):   <前  1 ..  6  7  8  9  10  11  12  .. 28  次>  
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

33 人のユーザが現在オンラインです。 (17 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)