No.0530
おとめゆ
乙女湯

放送回:0332-B  放送日:1982年03月13日(昭和57年03月13日)
演出:河内日出夫  文芸:久貴千賀子  美術:河内日出夫  作画:河内日出夫
山梨県 ) 13827hit
池の主に取りつかれた女が残した湧き水の話

昔々、一人の美しい娘が峠道を歩いていた。この娘、もう何日もろくに食べておらず、まさに倒れようという時、水鳥に誘われて峠道の近くに池をみつけた。そして澄んだ池の水を飲み、ようやく生気を取り戻した。ところがこの時、一匹の美しい蛇が、池の中からじっと娘の様子を見ていたのだ。娘は蛇の姿を見ると、恐ろしさのあまりその場で気を失ってしまった。

しかしその時、折り良く薪拾いの爺さまが通りかかった。気を失った娘を見た爺さまは、娘を背負い自分の家に連れ帰ると、婆さまと二人で娘を介抱した。数日もすると、二人の介抱のおかげで娘はすっかり元気を取り戻した。娘は乙女と名乗り、両親に先立たれ、遠い知人を訪ねて行く途中だったのだと言う。

娘は、恩返しのためにこの家にとどまり、機を織ったり爺さまと婆さまの世話をしたりと、二人によく尽くした。子供のない爺さまと婆さまは働き者の乙女を気に入り、ゆくゆくは婿を取らせて家を継いでもらおうと考えた。

ところが、しばらくすると乙女は、夜中に布団から抜け出し外に出て行くようになった。乙女は毎晩家を抜け出し、決まって夜明け前に帰って来るのだった。そして日が経つにつれて、乙女は元気を失っていき、さらには妖気(ようき)まで漂わせるようになってしまった。

この様子を見た爺さまと婆さまは大層心配して、何とかして乙女の外出を止めさせようとした。そこで爺さまは、とうてい一晩では織れない程の糸を乙女に渡すと、これを朝までに織り上げるように頼んだ。爺さまと婆さまは、乙女が外出する暇を無くすしかないと考えたのだ。

夜になり二人が乙女の様子をそっと見ていると、なんとした事か、乙女は人間技とは思えぬ速さで糸を織り上げて行き、糸はあっという間に無くなってしまった。そして乙女は仕事を終えると、いつものように家を出て行く。爺さまがこっそり乙女の後をつけると、乙女は最初に倒れていた長峰の池(ながみねのいけ)のふちへと降りて行くではないか。

そして池からは、この池の主である大蛇が現れた。乙女は、長峰の池の主に魅入られており、夜毎この池に通っていたのだ。いたたまれなくなった爺さまは、逃げるようにして家に帰った。これに気づいた乙女は、爺さまを追いかけて家に戻ると、二人に別れを告げた。乙女はお世話になったお礼に、一生絶えない湧き水を残すと言うと、また長峰の池の主のもとに去って行った。

朝になると、家の裏の土手には乙女が言ったとおり澄んだ湧き水が湧いていた。そして不思議なことに、この水に手をつけると、爺さまと婆さまのカサカサの手はすべすべになった。二人は、この水は病気にも効くのではないかと思い、この水を使って病気の人のために湯を沸かしてあげた。

後にこの湧き水は乙女湯と名づけられ、乙女がやって来た峠は、乙女峠と呼ばれるようになったそうな。 

(投稿者: やっさん 投稿日時 2011-11-23 14:20)


ナレーション市原悦子
出典山梨県
DVD情報DVD-BOX第6集(DVD第28巻)
場所について山梨県上野原市大椚の長峰の池跡
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:山梨県上野原市大椚の長峰の池跡
追加情報
本の情報講談社テレビ名作えほん第048巻(発刊日:1981年5月)
講談社の300より書籍によると「山梨県のお話」
このお話の評価5.5000 5.50 (投票数 4) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/11/23 14:20 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 30  件):   <前  1 ..  9  10  11  12  13  14  15  .. 30  次>  
コメント一覧
2件表示 (全2件)
たまきち  投稿日時 2013/4/13 7:28
ちょっとステキ(*^^*)なお話ですね。
yassan  投稿日時 2011/11/23 15:02 | 最終変更
このお話に出てくる長峰の池ですが、おそらく旧甲州街道の大椚(おおくぬぎ)の長峰の池だと思われます。中央道の工事で埋まってしまった。。。

アニメの話とはストーリーがちょっと違うので、参考というほどでもないのですが、ここに貼っておきます。以下の話では、乙女湯の代わりにお玉井戸となっています。
http://www.eps4.comlink.ne.jp/~ooba-k/otamaido.htm

ただ調べてみると、どうも山梨県内には類話が多いようで、富士吉田市にズバリ「乙女湯」という名前が出てきます。(上から3番目のお話)
http://www.news-cs.jp/satelliteworld/minzoku/timei/newpage7.html

どっちにマッピングするか微妙でしたが、一応場所がはっきりしている長峰の池跡にしておきました。
投稿ツリー
2件表示 (全2件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

22 人のユーザが現在オンラインです。 (13 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)