No.0529
きぬのふんどし
絹の褌

放送回:0332-A  放送日:1982年03月13日(昭和57年03月13日)
演出:吉良敬三  文芸:境のぶひろ  美術:水野尾純一  作画:吉良敬三
山形県 ) 10559hit
あらすじ

昔、とてもご利益のある古峯神社(ふるみねじんじゃ)へお参りするのが流行っている村があった。百姓たちは月に一文ずつ積み立てて、年に一度その金を持って、村の代表がお参りに行くことになっていた。

ある年の事、村でも貧乏な嘉助(かすけ)という大変な粗忽者(そこつもの)が、今年の代表となった。そこで、嘉助は奮発して上等の絹で作った褌(ふんどし)を締めて出かけることにした。古峯神社のある町はお城下十五万石の町で、いろいろなお店が立ち並び多くの人が行き交っていてたいへん賑やかでした。街道を歩いていた嘉助は、自分が絹の褌をしている事を周りの人へ知らしめるため、着物の裾をまくりあげ「さぁ良っく見ろぉー」と大股を広げ飛び回った。

絹の褌を見せびらかしながら、ようやく古峯神社のお賽銭箱の前にやってきた嘉助は、村から預かったお金(百文)から十文だけをお賽銭箱に入れるつもりで、うっかり九十文も投げ込んでしまった。手持ちの小遣いが無くなり、仕方なく弁当を食べようと風呂敷を広げると、包んでいた風呂敷は実はカカァの腰巻で中には自分の枕が入っていた。

腹を立てた嘉助は一気に村まで走って戻り、寝ているカカァに殴りかかった。すると、それは隣の家のカカァだった。あらためて自分の家にかけ込んで、準備が悪かったカカァを責め立てたが、嘉助自身も絹の褌をしめ忘れていたことに気が付いた。

嘉助は、フルチンを見せびらかした町での失態を思い返し、もう恥ずかしくて恥ずかしくて仕方がなかった。その後も、嘉助の粗忽は治らなかったが、ふんどしを忘れる事だけはなかった。

(紅子 2011-11-7 3:30)


ナレーション市原悦子
出典山形県
場所について古峯神社(地図は適当)そもそも違うかも
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:古峯神社(地図は適当)そもそも違うかも
追加情報
このお話の評価6.5000 6.50 (投票数 2) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/11/7 3:30 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 48  件):   <前  1 ..  12  13  14  15  16  17  18  .. 48  次>  
コメント一覧
5件表示 (全5件)
スナフキン  投稿日時 2016/2/25 10:56
山形県を含む東北地方の皆さんが信仰し、代表者が詣でる古峯神社は栃木県の鹿沼市にあります。
勝道上人が日光を開山する前に修行した場所として有名です。
今でも東北や新潟の皆さんが大型バスで詣でています。

http://www.furumine-jinjya.jp/
リクート  投稿日時 2015/3/19 13:19
かすけは、自分が出かける時に腰巻きと枕を持って行ったのをカカのせいにしたけど、もとはといえばΓそこつ惣兵衛」に出てきた惣兵衛みたいに自分が気をつけなかったのが悪いのにそれをみんなカカのせいにした、かすけが悪いのではと僕は思いました。
beniko  投稿日時 2011/11/7 20:07
そうですね、ちょっと特定するには情報不足ですね。お城下十五万と言っているので米沢市かもしれません(地図は山形市になっていますけど)。確信はないけど、このままにしておきます。
お金の価値について、説明ありがとうございました。このお話では、10文では熱燗とおでんが食べられない、90文だったら余裕で食べらる、ってことで考えると、100文=1万円くらいかなって思います。
araya  投稿日時 2011/11/7 13:46
古峰講は東日本各地にあって、総本山は栃木県鹿沼市草久にある古峰神社だとか。もし、話中の古峰講がお伊勢参りのようなものなら、山形の話でも栃木に向かった可能性もなくはないかなと…。

ただ、話中の「小遣い込みの旅費が100文」「走って日帰りできる」を信じるなら、1両は銭4000文で100文は3千~1万円ほどですから、やはり山形でいいのかも。せめて、物語がどこの地域か分かれば、古峯神社もどこのものか推定できるのですが、山形市・上山市・鶴岡市・米沢市とありますから難題ですね(^_^)。
beniko  投稿日時 2011/11/7 3:34
いくつか候補があって、現在の位置にまっぴんぐしましたが、ちょっと地図位置に確信がありません。もし、ご存知の方がいらっしゃいましたら、教えて下さい。※地図上の古峯の漢字も違うので、ちょっと自信無し。
投稿ツリー
5件表示 (全5件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

43 人のユーザが現在オンラインです。 (30 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)