No.0490
たぬきおしょう
狸和尚

放送回:0308-A  放送日:1981年09月26日(昭和56年09月26日)
演出:高沢孫一  文芸:沖島勲  美術:水野尾純一  作画:高沢孫一
静岡県 ) 9143hit
子ダヌキが高僧に化けてご馳走を食べるも、犬に見つかりボコられる。

昔、ある村を見渡す杉の木の下で、一匹の子だぬきが、毎日村の方を眺めてはため息をついていた。子だぬきは、人間の住む里には美味いものがたくさんあり、それをたらふく食べてみたいと思っていたのだ。

どうしても人間の食べ物を食べたくなった子だぬきは、人里に下りてみることにした。母だぬきが止めるのも聞かず、子だぬきは夜になるとこっそり巣穴を抜け出して山を下りた。村の入口まで下りてきた子だぬきは、さっそく高僧の姿に化けて駕篭かきの前に現れた。子だぬきは言う、「ワシは、山向こうの大寺の貫首(かんじゅ)である。この村に見回りで立ち寄った。駕籠で案内せい。」

こうして貫首に化けた子だぬきは、美味いものがたくさん食べられそうな名主の家に向かった。名主の家では貫首をもてなすため、風呂を沸かし、たくさんのご馳走を作った。子だぬきは人払いをすると、並べられたご馳走をガツガツと食べ始めた。子だぬきの思った通り、人間の食べ物はとても美味しかった。

翌朝、ご馳走のお礼を名主に述べると、名主は記念に一筆お願いしたいと言う。そこで子だぬきは、1枚の鹿の絵を描いて名主に渡した。その絵はいとも鮮やかで、大きな鹿が今にも飛び跳ねようとしている、なかなか見事なものだった。

このことに味をしめた子だぬき、今度は隣村に行って美味いものを食べようと、駕籠で隣村に向かった。ところが隣村への渡し場で、どこからともなく野良犬が出てきて、駕籠の中の子だぬきに向かって飛び掛かってきたのだ。子だぬきはたまらず、元のタヌキの姿に戻って逃げようとする。

これを見た駕篭かきは、「こいつ、最初からタヌキだったのか!?俺たちをだましおって!!」と言って怒り、子だぬきを散々棒で叩いて、半殺しにしてしまった。子だぬきは傷ついた体を起こすと、ほうほうの体で山に帰って行く。そしてこのことに懲りて、二度と人里に下りてくることはなかった。そして、子だぬきが貫首に化けて描いた大鹿の絵は、いつまでも名主の家に残っていたそうな。

(投稿者: やっさん 投稿日時 1-12-2012 8:26)


ナレーション市原悦子
出典静岡県
DVD情報DVD-BOX第8集(DVD第40巻)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報国際情報社BOX絵本パート2-第112巻(発刊日:1980年かも)/講談社テレビ名作えほん第063巻(発刊日:1986年10月)
講談社の300より書籍によると「静岡県のお話」
このお話の評価7.1250 7.13 (投票数 8) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/1/12 8:25 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 38  件):   <前  1 ..  22  23  24  25  26  27  28  .. 38  次>  
コメント一覧
1件表示 (全1件)
ゲスト  投稿日時 2017/3/17 5:07
動物達にとって人間が作った食べ物を食べるのは、死を覚悟しなくてはいけないということですね
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

37 人のユーザが現在オンラインです。 (30 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)