トップページ >  お話データベース >  四国地方 >  高知県 >  喜のじいと貧乏神
No.0413
きのじいとびんぼうがみ
喜のじいと貧乏神

放送回:0259-A  放送日:1980年10月18日(昭和55年10月18日)
演出:勝井千賀雄  文芸:久貴千賀子  美術:小関俊之  作画:勝井千賀雄
要調査 / 高知県 ) 5492hit
あらすじ

土佐の民話 第一集(未来社,1974年06月10日)に、同タイトル名のお話があり「このお話かもしれない」ということであらすじを書いてみます。

とんとむかし。土佐の国は幡多の、ずーっと奥の山のふもとの村に、年老いた一人の爺さまが住んでおった。みんなからは喜のじいと呼ばれよったそうな。

その頃、この村の西の村に貧乏神というのがおって、それを家に泊めると、その家はたちまち貧乏になるという、奇妙な噂が流れておった。ある日、天の底が抜けたような土砂降り雨の夕方のこと。

ぱっか、ぱっか。馬を曳いて、ずぶ濡れの老人が西の村からやって来たそうな。それを見た村人たちは、
「ありゃ、おまん、貧乏神じゃないかよ」
「どうも、そうらしいぞ」
「ほいたら、この村へ置いちょけんのう」
「そうじゃ、そうじゃ。追い出せ、追い出せ」
と、口々に騒ぎ始めたと。

ところが、その中でたった一人だけ、この旅の老人をかわいそうに思った老人がおった。喜のじいじゃ。(この冬の、ひやい晩に、あんなに濡れて、なんぼか辛かろう)と、独り言を言うと、近くにおった村人が、これを聞き咎めて
「喜のじいよ、おまん、まさか、あの旅の年寄りを、家に泊めるつもりじゃなかろうの」
「つもりじゃが、それがいかんかよ」
「阿呆なこと言いなや。ありゃあ貧乏神ぜよ。貧乏神を泊めたら、どうなるか分かっちょるじゃろ」
「はっはっはっ、貧乏神じゃ貧乏神じゃ言うて騒ぎよるが、どこにそんな証拠がある」
「証拠…。そうじゃ、あの年寄りは、西の村からやって来たじゃろ。西の村にゃ貧乏神がおるっちゅう噂じゃった」
「噂だけじゃ、貧乏神と言うわけにはいかんのう。わしゃ、あの人を泊めるぞ」
「やめてくれ。この村に貧乏神が住みつくことになるきに。泊めることだけは勘弁してくれ」

村の人たちが難と言おうと、喜のじいはガンとして受け付けず、その旅人を家の中へ入れてやったと。「さあさあ、その濡れた着物を脱いで、これと着替えるがええ」と、あれこれと世話を焼いてやった。そして、囲炉裏の火を囲んで、喜のじいは久しぶりに旅の人と賑やかに話を交わしたと。

(まっこと、この人が貧乏神とは思えんのう)と思いながら、喜のじいは大事に取ってあった米を出して、お客さんのために御飯を炊いて出したそうな。(わしら、なんぼ困っても、お客さんは大事にせにゃあかん)こうした喜のじいの世話が嬉しかったのかしらん、旅の老人は三日たっても四日たっても、一向に家を出ようとはせなんだ。

そこで、村人たちは
「おいおい、あの貧乏神、まだ喜のじいのところにおるそうな」
「そりゃいかん、早うに追い出さんと、この村に貧乏神が居ついてしまうぞ」
「喜のじい、喜のじいよ」

とうとう、村人たちは喜のじいの家へと押しかけ、あの旅人を追い出すようにと言うたが、喜のじいは首を縦には振らなかった。けんど、とうとう一粒の米ものうなってしまい、さすがの喜のじいも困って、どうしようかと思いながら、旅人の所へ行くと、姿が見えんと。ただ一枚の紙きれが落ちちょって、〈夕方になったら、橋のそばのお地蔵さんのところへ行け〉と書いてあったそうな。

何が何だか訳が分からんかったが、お地蔵さんの前で腰をかがめて窺いよったら、橋の向こうからパッカパッカと白い馬がやってくると。人の姿は見えん。たまげて見よる喜のじいの前を、白い馬はサッサと通り過ぎていったそうな。白馬が通り過ぎていった後には、小判のいっぱい詰まった袋が落ちておった。

あの旅の老人は、貧乏神ではのうて、福の神さまじゃったと。それからというもの、村の人たちも旅人には親切にするようになったそうな。

(投稿者: araya 投稿日時 2011年12月23日 2:43)


ナレーション未見のため不明
出典クレジット不明
出典詳細土佐の民話 第一集(市原麟一郎,未来社,1974年06月10日)採録地は幡多郡、舞台は幡多の奥の山の麓の村。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価10.0000 10.00 (投票数 1) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/12/23 13:44 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 25  件):   <前  1 ..  4  5  6  7  8  9  10  .. 25  次>  
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

68 人のユーザが現在オンラインです。 (60 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)