No.0382
きつねもり
狐森

放送回:0239-A  放送日:1980年05月31日(昭和55年05月31日)
演出:藤原万秀  文芸:沖島勲  美術:久保陽彦  作画:藤原万秀
ある所 ) 9269hit
あらすじ

昔ある所に、狐がたくさん住む森があって、いつも森を通る人々を騙してばかりいました。この森の近くに住む、権(ごん)さんという男は、森の中では何でも狐に見えるらしく、誰かれにでも石を投げつけていました。

さすがの狐たちも、権さんの乱暴ぶりにはお手上げ状態で、どこか他の森に引っ越そうかと相談していました。すると年寄りの婆さん狐が「わしが権さんをこらしめる」と言い出しました。

婆さん狐は、森の出口をごまかして、足をくじいて困っている武州屋のおかみさんに化けて、権さんを待ち伏せしました。森から出ていたつもりの権さんは、まさかキツネが化けているとは思わず、美しいおかみさんを馬に乗せて武州屋まで送って行く事にしました。

まんまと婆さん狐に騙された権さんは、一晩中森の中を歩き回りヘトヘトになり、馬の背に乗せていたお土産の魚も盗まれてしまいました。

家に帰った権さんは、嫁さんから小言をいわれすっかりいじけて、もう森へは近づかなかったそうです。

(紅子 2012-4-2 0:58)


ナレーション常田富士男
出典(表記なし)
DVD情報DVD-BOX第4集(DVD第16巻)
VHS情報VHS-BOX第5集(VHS第45巻)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報国際情報社BOX絵本パート2-第075巻(発刊日:1980年かも)/講談社テレビ名作えほん第083巻(発刊日:1987年8月)
講談社の300より書籍には地名の明記はない
このお話の評価6.6667 6.67 (投票数 3) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/4/2 0:58 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 68  件):   <前  1 ..  27  28  29  30  31  32  33  .. 68  次>  
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

58 人のユーザが現在オンラインです。 (49 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)