No.0352
うたじぞう
歌地蔵

放送回:0220-A  放送日:1980年01月19日(昭和55年01月19日)
演出:山田みちしろ  文芸:沖島勲  美術:吉田陽子  作画:山田みちしろ
要調査 / 高知県 ) 8389hit
あらすじ

土佐の民話 第二集(未来社,1974年08月30日)に、同タイトル名のお話があり「このお話かもしれない」ということであらすじを書いてみます。

幡多の大方に米次という孝行者が母親と暮らしていた。ある年の暮れ、米次が山を下りながら、♪ポッタリ ポッタリ 餅ついて 一つ食わせたい おなんさんに♪
と、口ずさんでると、どこからか一緒に歌う者がある。米次は見回したが、地蔵さましかいない。そこで試しにとまた歌うと、地蔵さまが一緒になって歌いだした。

米次は「ありがたいことじゃ」と驚き、地蔵さまを背負って町へと出た。そして「地蔵さまに歌を歌わしょう」と言うと、「へぇ、地蔵さんがのう。一つやってみせたや」と、人が集まってきた。米次が「ポッタリ ポッタリ 餅ついて~」と歌うと、地蔵さまも一緒に「ポッタリ ポッタリ 餅ついて~」と歌いだす。最初は静まり返っていたが、とたんに大騒ぎになった。

やがて、その噂は殿さまの耳にも入り、米次は城へと招かれた。そして、米次が「ポッタリ ポッタリ 餅ついて~」と歌うと、地蔵さまも一緒に「ポッタリ ポッタリ 餅ついて~」と歌いだす。これには殿さまも「見事じゃ見事じゃ」と大喜びし、米次に褒美を取らせた。

さて、この米次の家の隣に金蔵という欲ばりな男がおった。金蔵は米次の話を聞いて、地蔵さまを借りると町へと繰り出した。そして「地蔵さまに歌を歌わしょう」と言って、人を集めたが、歌っても歌っても、地蔵は押し黙ったまま。見物人があきれて帰ると、金蔵はカンカンに怒って、地蔵さまを砕いてしまった。

米次は無残な地蔵さまの姿に心を痛め「もったいなや」と庭に埋め、祠を立てて祀った。すると、そこから竹がスクスクと生え、天まで届くほどになった。何の気なしに米次が竹をゆすると、チャランチャランと天から小判の雨が降ってくる。

この小判の音に金蔵が飛び出し「わしにもゆすらいてくれや」と言って、返事も聞かぬまま竹をゆすったそうな。そしたら、今度は毛虫が降ってきて、金蔵の体中にまとわりついた。「こりゃあ、たまらん。助けてくれぇ」と悲鳴を上げ、一目散に逃げていったとさ。

(投稿者: araya 投稿日時 2012年1月17日 2:46 )


ナレーション未見のため不明
出典クレジット不明
出典詳細土佐の民話 第二集(市原麟一郎,未来社,1974年08月30日)によると、採録地は幡多郡。舞台は「幡多の大方」から、現在の高知県幡多郡黒潮町入野の大方地区。
場所について幡多の大方(地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:幡多の大方(地図は適当)
追加情報
このお話の評価10.0000 10.00 (投票数 4) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/1/17 21:16 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 25  件):   <前  1 ..  3  4  5  6  7  8  9  .. 25  次>  
コメント一覧
1件表示 (全1件)
えびなます  投稿日時 2012/2/21 0:43

♪べったら、べったら、もちついて~ ひとつ喰わせた~や かかさんに♪
歌、おぼえてる~!
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

58 人のユーザが現在オンラインです。 (40 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)