トップページ >  お話データベース >  中国地方 >  広島県 >  貧乏神の置きみやげ
No.0345
びんぼうがみのおきみやげ
貧乏神の置きみやげ

放送回:0217-A  放送日:1979年12月29日(昭和54年12月29日)
演出:光延博愛  文芸:沖島勲  美術:小関俊之  作画:前田実
広島県 ) 11114hit
大晦日に大火を焚いたり、熊手を買ったりする由来。

昔、ある所に半兵衛(はんべえ)ときねという大変な横着者夫婦が住んでいた。半兵衛はちっとも仕事をせず、女房のきねは飯の仕度も面倒臭がり、いっぺんにたくさんご飯を炊くので、おととい炊いた固い冷や飯を2人で食べるというような有様だった。

こんな調子なので、ある日貧乏神が2人の横着ぶりに惹かれて家にやって来た。貧乏神は、半兵衛の家が気に入り、この家に居つくことにした。そのため2人は、ますます貧乏になっていった。

ある年の大晦日、明日は正月だというのに半兵衛の家に米は1粒もなく、おまけに薪もないので、2人は布団の中で寒さに震えていた。あまりの寒さにとうとう我慢が出来なくなった半兵衛は、囲炉裏でござを燃やして暖をとった。すると貧乏神も寒かったとみえて、囲炉裏の火にあたりに現れた。

さて、正月だというのに餅も酒もない家を見て、さすがの貧乏神も見かねたのか、熊手を2本取り出し、これを街で売って酒と餅を買ってくるよう半兵衛に言った。無精者の半兵衛、気が進まなかったが、仕方なく熊手を持って街に売りに出かけた。

ところが、年の瀬の街はみな忙しく、誰も半兵衛の熊手など買う者はいなかった。がっかりして半兵衛が家に帰ろうとすると、炭焼きの男が歩いて来た。この男も、やはり持ってきた炭が売れず家に帰るところだった。このまま熊手を家に持ち帰っても仕方ないので、半兵衛は熊手を男の持っている炭と交換した。

しかし餅や酒を待ちわびていた女房のきねは、炭を担いで帰って来た半兵衛を見て怒り出す。半兵衛も馬鹿馬鹿しくなり、やけになって炭俵の炭を全部囲炉裏にくべてしまう。すると炭俵の炭をいっぺんに燃やしたものだから、部屋の中は汗をかくほど暑くなった。暑いのが苦手な貧乏神、これには参ってしまい、この家から出て行くことにした。最後に貧乏神は、置き土産と言って熊手を1本置いて家を去っていった。

翌朝、半兵衛は正月くらい掃除をするかと思い、何気なく貧乏神の残した熊手で部屋のワラくずをかき集めた。すると何としたことか、熊手で集めたワラくずは米俵に変わってしまった。さらにこの熊手で鉄クズを掃けば鉄クズは小判に、草を掃けば野菜になったので2人はいっぺんに裕福になった。

今でも大晦日に大火を焚いたり、縁起物の熊手を買ったりするのは、こうした謂れがあるからだそうだ。

 

(投稿者: やっさん 投稿日時 2011-12-5 18:39)


ナレーション市原悦子
出典垣内稔(未来社刊)より
出典詳細安芸・備後の民話 第一集(日本の民話22),垣内稔,未来社,1959年11月25日,原題「貧乏神の置きみやげ」,採録地「賀茂郡」,話者「梅田某、原吉雄」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価7.0000 7.00 (投票数 1) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/12/5 18:39 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 27  件):   <前  1 ..  7  8  9  10  11  12  13  .. 27  次>  
コメント一覧
1件表示 (全1件)
ゲスト  投稿日時 2015/11/15 22:10
貧乏神様、めっちゃええものお持ちですやん。
置いていったのか、忘れていったのか…
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

50 人のユーザが現在オンラインです。 (27 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)