トップページ >  お話データベース >  ある所 >  百姓じいさんとてんぐ
No.0319
ひゃくしょうじいさんとてんぐ
百姓じいさんとてんぐ

放送回:0200-A  放送日:1979年09月01日(昭和54年09月01日)
演出:山本孝一  文芸:沖島勲  美術:水野尾純一  作画:白梅進
ある所 ) 6373hit
あらすじ

むかしむかし、一人の百姓じいさまが馬を連れて、良い声で歌いながら山道を歩いておった。

ところが、山道に差し掛かった頃、道の向こうから、ずしんずしんと天狗様がやって来た。その鼻はじいさまの腕より太く、その顔は神社の塗りたての鳥居より赤かった。じいさまと天狗様はどちらも道を譲らず、二人は道の真ん中でにらみ合った。やがて天狗様は「道を開けないのなら、お前を喰ってしまうぞ!」と怒り始めたそうな。

じいさまは別に怖がる風もなく、喰われるのなら冥土の土産に天狗の術が見てみたいと言うたそうな。すると、実は天狗達の頭(かしら)であるこの天狗様、じいさまが煽てるままに、羽団扇を出して呪文を唱え始めた。「てんつくてんつくてんつく…」と天狗様が呪文を唱えると、天狗様の体はどんどん大きくなり、鼻も頭も雲を突き抜けるほどになってしもうた。

大きくなった天狗様は手を伸ばし、じいさまと馬を掴み上げると、「儂は日本一の天狗じゃ、さあお前を喰ってやる!」と笑った。じいさまは喰われそうになりながら「大きくなることは天狗なら誰でもできると聞いたことがある。お前は天狗の頭だというなら、小さくなることは出来るか。出来ないじゃろう!」と、けしかけた。

すると天狗様はまた羽団扇を取り出し呪文を唱え、今度は豆粒ほどに小さくなった。するとじいさまは天狗様をひょいとつまみ上げ、ぱくっと食べてしもうたそうな。そうしてじいさまは、また良い声で歌いながら馬を連れて歩いて行った。

まあ、天狗様より百姓じいさんの方が一枚上手じゃったというお話じゃ。

(投稿者: ニャコディ 投稿日時 2013-10-19 14:14 )


ナレーション常田富士男
出典川崎大治(童心社刊)より
出典詳細日本のふしぎ話(川崎大治 民話選3),川崎大治,童心社,1971年3月20日,原題「百姓じいさんとてんぐ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価5.0000 5.00 (投票数 2) ⇒投票する
※掲載情報は 2013/10/19 15:23 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 68  件):   <前  1 ..  20  21  22  23  24  25  26  .. 68  次>  
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

21 人のユーザが現在オンラインです。 (8 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)