No.0257
でいのいずみ
出井の泉

放送回:0160-B  放送日:1978年11月18日(昭和53年11月18日)
演出:古沢日出夫  文芸:沖島勲  美術:小関俊之  作画:古沢日出夫
東京都 ) 9212hit
あらすじ

昔あるところ(今の東京都板橋区)に父親と息子が暮らしておった。

息子のとめ吉は毎日わらじを作って街へ売りに行き、父親は毎日畑仕事をしておった。貧乏な暮らしではあったが、とめ吉がとても良い息子であったため、父親の顔はいつも晴れ晴れとしていた。

父親はこのような山深いところでは息子に嫁が来ないのではないかと心配し、息子は貧しくて父親に酒を飲ませてあげることもできないことを、申し訳なく思っていた。

ある日のこと。とめ吉が街から帰ってくると、まだ父親が帰ってきていない。心配になって夜道を迎えに行くと、酒に酔った父親がくわを担いで帰ってきた。あわてて父親を連れ帰るとめ吉であったが、なぜ父親が酒を飲んでいるのか不思議に思うのであった。

次の日もそしてそのまた次の日も、父親は酒に酔って帰ってきた。ある日とめ吉は、畑仕事に出る父親の後をそっと追ってみた。父親は若い頃以上に畑仕事をこなしており、特に変わった様子はなかった。

やがて日が傾いてきた頃、父親は峠の一本杉の横の泉までやって来た。泉の水を飲み始めると、父親は酔っ払ってしまった。泉の水が酒だったのである。

翌日、とめ吉が泉の水を飲んでみると、普通の水であった。しかし今まで飲んだこともない、うまい水であった。泉のそばにあるお地蔵さんが、父親に酒を飲ませてあげることのできないとめ吉に代わって、父親に酒を飲ませたのであろう。とめ吉はわずかでも、父親を疑ってしまったことを申し訳なく思った。

とめ吉はその後、泉のそばのお地蔵さんのために祠を建て、泉の周りを整備した。やげて泉に水飲み場ができると、この泉は多くの旅人ののど渇きをいやした。そしてとめ吉は泉の横に小屋を建て、そこでわらじや笠を売った。わらじや笠は大変よく売れたという。

(投稿者: カケス 投稿日時 2013-11-2 18:07)


参考URL(1)
http://www.city.itabashi.tokyo.jp/c_kurashi/003/003839.html
ナレーション市原悦子
出典東京のむかし話(日本標準刊)より
出典詳細東京のむかし話(東京むかし話の会,日本標準)にて、清水町との事。
場所について出井の泉跡(出井の泉公園内)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:出井の泉跡(出井の泉公園内)
追加情報
このお話の評価6.0000 6.00 (投票数 1) ⇒投票する
※掲載情報は 2013/11/2 22:36 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 28  件):   <前  1 ..  8  9  10  11  12  13  14  .. 28  次>  
コメント一覧
2件表示 (全2件)
えりもん  投稿日時 2016/10/18 19:10
お嫁さんは…
ゲスト  投稿日時 2015/11/14 23:56
嫁は・・・
投稿ツリー
2件表示 (全2件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

40 人のユーザが現在オンラインです。 (32 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)