No.0238
ごろべえぶち
五郎兵衛淵

放送回:0149-A  放送日:1978年09月02日(昭和53年09月02日)
演出:山田みちしろ  文芸:沖島勲  美術:下道一範(久保陽彦)  作画:山田みちしろ
秋田県 ) 7856hit
あらすじ

むかし秋田は横手市の五郎兵衛というお爺さんが畑でかわいらしい蛇を見つけた。

子のない五郎兵衛は連れて帰り、蛇に太郎と名づけ子のようにかわいがり育てた。しかし、太郎はドンドン大きく育ち、近所の人やお婆さんも怖がってしまう。

仕方なく五郎兵衛は太郎を泣く泣く大戸川へ放した。いつしかそこには淵ができ、淵にはに大きな蛇の影が出るようになった。太郎がヌシになったんだろうと噂になり、五郎兵衛淵と呼ばれるようになった。

そんなある時、お婆さんが病気になり寝込んでしまう。五郎兵衛は大雨の中横手の町まで薬を買いに走るが、戻る途中の大戸川の橋が流されて帰れなくなってしまった。

すると、川に大木のようなものがかかり、渡ることができた。五郎兵衛がよく見るとその大木は太郎だった。しかし太郎は五郎兵衛を無事渡した後、幾重にも折れ、濁流に流されてしまった。 

(引用/龍学-dragonology-)


参考URL(1)
http://www.hunterslog.net/dragonology
ナレーション市原悦子
出典松谷みよ子(未来社刊)より
出典詳細秋田の民話(日本の民話10),瀬川拓男、松谷みよ子,未来社,1958年07月30日,原題「五郎兵衛淵」,採録地「平鹿郡」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価8.5000 8.50 (投票数 2) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/2/11 22:30 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 32  件):   <前  1 ..  6  7  8  9  10  11  12  .. 32  次>  
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

66 人のユーザが現在オンラインです。 (42 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)