No.0237
まよひが
マヨヒガ

放送回:0148-A  放送日:1978年08月26日(昭和53年08月26日)
演出:藤本四郎  文芸:沖島勲  美術:下道一範(武井明)  作画:矢沢則夫
岩手県 ) 16213hit
あらすじ

むかし、ある山里に仲良しの正直者夫婦が住んでいた。

ある年の春、2人はフキを採りに出かけた。家の前には小川が流れており、女房は川上に、夫は川下の方へ、それぞれフキを探しに行くことにした。

ところが、どういう訳か今年は川上にあまりいいフキはなかった。そこで女房は川の上へ上へと歩いて行く。すると、山の奥でたくさんフキが生えている場所をみつけた。女房は夢中になってフキを採り、籠はフキでいっぱいになった。

ところが、女房は帰り道で山の中に迷ってしまい、どうしたものかと途方に暮れてしゃがみ込んでしまった。すると、どこからか牛の鳴き声が聞こえる。牛がいるのだから人家があるのだろうと女房は思い、鳴き声のする方へ歩いて行った。すると、そこには山の中とは思えない立派な門構えの屋敷が建っていた。

屋敷の庭にはたくさんの花が咲き乱れ、牛馬もたくさん飼われていた。女房は屋敷の玄関で「ごめん下されや。」と声をかけるが、屋敷の中からは誰も出てこない。不思議に思い、屋敷の中に入ってみると、座敷には立派な御膳にご馳走が並べられ、湯気を立てている。

女房はさらに奥の間に進む。ところが、うっかり床に置いてあった水の入った鉄瓶を倒してしまい、水がこぼれてしまった。女房は雑巾で水を拭こうと屋敷の物置へ行くが、そこには熊の毛皮やら鉈(なた)などがあった。女房は、ここは山男の屋敷ではないかと思い、急に怖くなってしまった。女房は屋敷を出ると一目散に駆け出し、どこをどう走ったのか、ようやく家にたどり着いた。

さて、それからしばらくして、女房も山での出来事を忘れかけていた頃。女房が川で洗濯をしていると、川上からきれいな椀が流れて来た。女房が手に取ってみると、それは間違いなく山の中の屋敷で見た椀であった。そこで女房は、この椀を米を計る枡(ます)に使った。この枡を使うようになってから、不思議なことに家の米はあまり減らなくなり、さらにこの家にはいいことが続いたので、夫婦は裕福になった。

岩手県の遠野あたりでは、このような山の中の家を“マヨヒガ”と言い、その中の物を何か1つ持ち帰ると幸運に恵まれるという。しかしこの女房は正直者で、何も持ち帰らなかったので、お椀の方から流れて来たのだろうと言われた。

(投稿者: やっさん 投稿日時 2011-10-15 17:45 )


ナレーション常田富士男
出典深沢紅子(未来社刊)より
出典詳細岩手の民話(日本の民話02),深澤紅子、佐々木望,未来社,1957年09月30日,原題「マヨヒガ」,遠野物語より
備考マヨヒガ、まよいが、迷い家、まよい家、とも表記する
場所について遠野ふるさと村(マヨイガの森)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:遠野ふるさと村(マヨイガの森)
追加情報
このお話の評価9.0000 9.00 (投票数 2) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/10/15 18:31 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 80  件):   <前  1 ..  13  14  15  16  17  18  19  .. 80  次>  
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

31 人のユーザが現在オンラインです。 (22 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)