No.0023
うらしまたろう
浦島太郎
高ヒット
放送回:0012-A  放送日:1975年03月25日(昭和50年03月25日)
演出:杉井ギサブロー  文芸:平見修二  美術:馬郡美保子  作画:前田庸生
京都府 ) 132275hit
あらすじ

浦島太郎という漁師が年老いたおっかさんと二人で暮らしていた。

ある日、浜辺で子ども達が一匹の子ガメをつつきまわしているのを見たので、助けて海へ逃がしてやった。数年後太郎が海で釣りをしていると、大きな亀がやって来て、昔助けてくれたお礼にと海の中の竜宮へと連れて行かれた。竜宮では美しい乙姫さまに歓迎され、魚たちの踊りや、素敵なご馳走でもてなされ、楽しい毎日を過ごした。

しかし何日か経つと太郎は村に残してきたおっかさんのことが気になって、だんだん元気がなくなってきた。それを察した乙姫さまは「村に帰って、もし困ったことがあったら、この玉手箱を開けなさい。」と言って、太郎を送り出した。

太郎が亀の背に乗って村に帰ると、自分の家はおろか村の様子がすっかり変わっていて、太郎の知っている人が一人もいなくなっていた。太郎が竜宮で過ごしているうちに、地上では何十年も経っていたのだった。困った太郎は、乙姫さまに貰った玉手箱のことを思い出した。

蓋を開けると、中から白い煙がもくもくと出て、たちまち太郎は白いひげのお爺さんになってしまった。 

(稿: 蔵人 本掲載日2012-8-14 14:33 )


ナレーション市原悦子
出典(表記なし)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報サラ文庫まんが日本昔ばなし第3巻-第011話(発刊日:1976年6月25日)/童音社BOX絵本_第18巻(発刊日不明:1970~1980年頃)/国際情報社BOX絵本パート1-第050巻(発刊日:1980年かも)/二見書房まんが日本昔ばなし第2巻-第05話(発刊日:2005年10月17日)/講談社デラックス版まんが日本昔ばなし第25巻(絵本発刊日:1985年03月15日)/講談社テレビ名作えほん第001巻(発刊日:1977年5月)
サラ文庫の絵本より絵本巻頭の解説には地名の明記はない
童音社の絵本より絵本巻頭の解説(民話研究家 萩坂昇)によると「京都の昔ばなし」
講談社のデラックス版絵本より江戸時代に書かれた「御伽草子」の中に出てくる、異郷に遊ぶ人間のお話です。夢見がちな若者、浦島太郎は、助けたカメの案内で乙姫様のいる竜宮城にいきます。そこはまさに夢の楽園。我を忘れて楽しい日々を過ごしますが、やがて我が家が恋しくなって地上へ-。しかし、地上の様子はすっかり変わっていました。遊んでいたのは2.3日のつもりだったのに、地上では何百年もの月日が過ぎていたのです。途方に暮れた浦島太郎は玉手箱をあけ、お爺さんになってしまいました。しかし、誰でも一度は夢の異郷にいってみたいと思うもの。各地に浦島伝説があるのも、そのためでしょう。(京都地方のお話)
講談社の300より書籍には地名の明記はない
レコードの解説よりLPレコードの解説によると「京都地方の昔ばなし」
このお話の評価6.3333 6.33 (投票数 9) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/8/14 14:32 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 34  件):   <前  1  2  3  4  5  6  7  .. 34  次>  
コメント一覧
8件表示 (全8件)
たかたか  投稿日時 2016/1/5 20:11
私が買って貰った絵本には、
太郎はじいさんになった後、鶴になるのですが
ゆいな  投稿日時 2016/1/4 8:24
それ、わたしも聞いたことがあります。
むしろそれしか聞いたことがありません。
調べてみようと思います。
兎と亀  投稿日時 2015/4/24 4:47
浦島太郎には玉手箱を受け取らないという選択肢はあったのでしょうか。小さな箱と大きな箱を選ぶというお話が子どもの頃、よく聞いたような気がしますが、わたしの記憶ちがいでしょうか。
匿名希望  投稿日時 2014/7/17 15:59
リメイク版よりも、旧作の浦島太郎が面白い!
ゲスト  投稿日時 2014/1/26 18:24
浦島太郎はとっても楽しいおはなしです!
はるちゃん7  投稿日時 2013/6/11 10:57
浦島太郎の放送は私が小学4年生の時でした。
毎日楽しみにしていたまんが日本昔ばなしでしたが、新聞のテレビ欄を見るとなんと最終回となっているではありませんか。「なぜ終わっちゃうの」それが原因?なのかわかりませんが放送が始まる前に熱を出して寝込んでしまいました。
布団で横になりながら放送を見ていたことを昨日のように鮮明に覚えています。
箱庭村民  投稿日時 2013/2/11 21:11
京都府与謝郡伊根町本庄浜141に浦島神社と言う場所があり浦島太郎が奉られているそうです。
間宮  投稿日時 2012/2/24 17:11
No.1174の方の浦島太郎は、いかにも皆さんご存じの浦島太郎……という演出と脚本で、DVDにもなってます。
ですが、ぜひ私はぜひこちらを推したい。
絵柄はこっちの方がかわいらしいですが、竜宮城で鯛やヒラメが舞い踊り……というシーンは、普通だったら擬人化された魚たちが出てくるのですが、そこは海中遊泳をしている、という描写。
また、おじいさんになった浦島太郎はショックを受けるのですが、
失った時間を取り戻したいという感じではなく、
「どちらが夢かまことか分からなくなった」と胡蝶の夢みたいな事を言って、どこかへジャンプして飛んでいってしまいます。
というか最初から最後もまで移動はぴょんぴょんジャンプしています。
投稿ツリー
8件表示 (全8件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

31 人のユーザが現在オンラインです。 (22 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)