No.0020
かぐやひめ
かぐや姫
高ヒット
放送回:0010-B  放送日:1975年03月11日(昭和50年03月11日)
演出:児玉喬夫  文芸:平見修二  美術:阿部幸次  作画:樋口雅一
静岡県 / 京都府 ) 116320hit
竹から産まれた美しい姫は、やがて月に帰って行っちゃう

竹取りのお爺さんが山で竹をとっていると、一本の竹が金色に光っているのを見かけた。その竹を切ってみると中に小さな女の子が座っていた。おじいさんはこれは神様からの授かりものに違いないと言って、家に連れて帰り、かぐや姫と名付けて育てることにした。

その日からお爺さんが山へ竹を取りに行くといつも金色に輝く竹があり、その中にはたくさんの黄金があり、おじいさんはお金持ちになった。三ヶ月ほどでかぐや姫は美しい娘に成長した。その噂は広まり、結婚の申し込みが殺到したが、かぐや姫は無理な注文をして諦めさせようとした。

やがて十五夜が近づくと、かぐや姫はおじいさんに、自分は月の都の者で、八月十五夜に月から迎えがやって来るとうち明けた。お爺さんは十五夜の日にたくさんの侍を雇ってかぐや姫を守ろうとした。しかし月の使者がやってくると侍達は全く動けなくなってしまった。かぐや姫はお爺さんに命の袋を渡して別れを告げ、月の使者とともに月の都へと帰っていった。

お爺さんはかぐや姫からもらった命の薬を、「おまえがいないのに長生きしてもしかたがない」と言って火の中にくべてしまった。

(稿: 蔵人 本掲載日2012-8-14 5:59 )


ナレーション市原悦子
出典(表記なし)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報サラ文庫まんが日本昔ばなし第4巻-第016話(発刊日:1976年7月20日)/童音社BOX絵本_第02巻(発刊日不明:1970~1980年頃)/国際情報社BOX絵本パート1-第031巻(発刊日:1980年かも)/二見書房まんが日本昔ばなし第1巻-第01話(発刊日:2005年10月17日)/講談社デラックス版まんが日本昔ばなし第08巻(絵本発刊日:1984年10月15日)/講談社テレビ名作えほん第002巻(発刊日:1977年5月)
サラ文庫の絵本より絵本巻頭の解説には地名の明記はない
童音社の絵本より絵本巻頭の解説(民話研究家 萩坂昇)によると「京都の昔ばなし」
講談社のデラックス版絵本より原話は平安時代に書かれた「竹取物語」で、天上界の女性が地上に降り、ふたたび天上界へと帰って行くという登天説話のひとつです。「かぐや姫」に似た話は、日本以外の国にもいくつかあります。神の住む天上界へのあこがれと恐れとがないまぜになって、このような話が世界各地で生まれたのでしょうか。十五夜の晩に月からの使者がやってきて、人々の抵抗もむなしく、かぐや姫をのせた車は、月の中へと消えていきます。静かな月の明るさをじっと見つめていると、そこにはいまでもかぐや姫が住んでいそうな気が、ふっとしてきます。(京都地方の昔ばなし)
講談社の300より書籍には地名の明記はない
レコードの解説よりLPレコードの解説によると「静岡地方の昔ばなし」
このお話の評価6.8571 6.86 (投票数 7) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/8/14 5:59 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 38  件):   <前  1  2  3  4  5  6  7  .. 38  次>  
コメント一覧
9件表示 (全9件)
ゲスト  投稿日時 2016/11/7 21:09
それぞれの場面ごとでまとめても、長くなってしまうんです!
ゲスト  投稿日時 2016/11/7 21:07
あらすじを、細かい文章で教えてください!
raven  投稿日時 2016/9/8 16:17
スギやヒノキの枝打ち作業で、切った枝のことを林業の用語で「柴」といいます。
柴犬の「しば」です。
おじいさんは、芝刈りではなく柴刈りに行ったのだと思います。
たこさん  投稿日時 2016/5/16 2:58
芝刈りと言っても、今のように庭の見栄えを良くするために刈るのではなく、燃料にするために刈ります。
ゆいな  投稿日時 2016/1/4 8:20
昔ばなし初心者です。
そもそも論で申し訳ないです↓
なぜお爺さんは竹をとりに行くという設定なのですか?
あと、芝刈りに・・・とか。
木とかなら、燃やすとか使い道はわかるのですが幼いころから、その部分が
ひっかかっています。
皆様からのご意見をいただきたいです。宜しくお願いします。
ゲスト  投稿日時 2015/9/27 20:06
おっと訂正。
貴族は正確には「奈良(平城京)の貴族」でしたね
どちらにしろ京都あるいは奈良が舞台とした方が自然だと思うんだけどなあ…
ゲスト  投稿日時 2015/9/27 20:03
その理由で舞台を静岡にするのはちょっと無理があるんじゃないか?
(確かに舞台の説の一つではあるようだけど)
富士山の上で薬をくべたから…は、原点で薬をくべたのは帝、正確には帝の使いだけど、
帝ならどんなに遠かろうと富士山まで使い出して頂上で薬をくべさせるなんて普通にできるだろうし、
富士山頂にした理由が「そこが日本で一番月に近い場所だから」だし
竹だってなんでモウソウチク限定?しかもどういう理由で「現在」を軸にするのか
生まれた時のかぐや姫は三寸なんだから、昔からあるマダケでもなんでも入るはずだし
そもそも竹取物語の成立は奈良時代だと言われてる。
この時点で奈良より後年に京都どころか日本に入ってきたモウソウチクは端からエントリー除外でしょう
それと、求婚者は帝含め全員京都(平安京)の皇族・貴族。さらに竹取の翁の本名「讃岐の造」は、大和の国の散吉(さぬき)のことだという説がある

別に静岡説を否定するんじゃなく、述べられた理由が静岡説を補強するどころか滅茶苦茶弱めてるというのが…
匿名希望。  投稿日時 2013/10/7 11:05
唯一、DVDに収録されてない昔話。
箱庭村民  投稿日時 2013/2/11 21:08
かぐや姫の舞台は、静岡だと思います。理由は原点になる竹取物語は富士山の上で薬をくべてしまった点、現在京都を代表する竹のモウソウチクは江戸時代に伝わった事からです。ただし全く関わらりがないわけではなく、求婚者の一人は帝。または偽物を作ってごまかそうとした豪族のモデルと言われる古墳が京都に存在しています。
投稿ツリー
9件表示 (全9件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

36 人のユーザが現在オンラインです。 (28 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)