トップページ >  お話データベース >  中国地方 >  広島県 >  長左ヱ門の狐退治
No.0194
ちょうざえもんのきつねたいじ
長左ヱ門の狐退治

放送回:0120-A  放送日:1978年02月04日(昭和53年02月04日)
演出:小林三男  文芸:沖島勲  美術:下道一範  作画:高橋信也
広島県 ) 8726hit
あらすじ

昔、ある村に狐が人を化かす峠があった。「よし、俺が…」と退治に乗り出した長左衛門だったが、夜中になり手ぬぐいでほおかむりをした女にでくわした。

女は隣村のおつたといい、町に買い物に出た帰りとか。長左衛門は狐なら隣村で逃げだすじゃろうと高をくくり、隣村まで送ることに。その隣村では老婆が出迎え、お礼にと家に招かれる。そして、蕎麦や柏餅をたらふくいただいて、その晩はその家に泊まった。

翌朝、長左衛門を起こす者があり、起きると橋の上だった。狐に化かされたと、昨日の食い残しの蕎麦を見ればミミズ、柏餅を見れば馬糞。あまりのことに長左衛門は気を失ってしまいました。村の者からは笑いのタネにされ、あまりの恥ずかしさに長左衛門は家に引きこもってしまい、腹の虫がおさまらない日々を過ごした。

妙案を思い付いた長左衛門は、お稲荷さまの着物のハリボテを着て大きな袋を?手に峠へと出かけ、狐を待った。そして、女に化けた狐に向かって、「こりゃあ狐。わしは稲荷大明神じゃ。その化け方は何じゃ。頭に耳が出ておるぞ!」と一喝した。これには女もびっくりして、狐の姿を現した。

「今、都では狸が狐を化かすことに一生懸命になっとる。そんな化け方じゃ、人は化かせても狸は化かせん。このわしが修行をつけてやる」と言って、仲間の狐を全員集めた。そして、小判などの全財産を召し出させ、あらかじめ用意していた大きな袋に狐たちを入れた。最後の一匹が袋に入ろうとした時、長左衛門の着ていたハリボテが脱げてしまい、最後の狐はあわてて逃げて行った。

長左衛門はシッカリと袋の口を縛ると、荷車に積んで意気揚々と峠をくだりました。しかし、最後に獲り逃した狐のために、峠には今でも狐が出るんだとさ。

(投稿者: araya 投稿日時 2012年1月18日 11:24 )


ナレーション市原悦子
出典垣内稔(未来社刊)より
出典詳細安芸・備後の民話 第一集(日本の民話22),垣内稔,未来社,1959年11月25日,原題「長左衛門のキツネ退治」,採録地「広島市」,話者「米尾広吉、五藤久登」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価10.0000 10.00 (投票数 1) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/1/18 19:20 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 27  件):   <前  1  2  3  4  5  6  7  8  .. 27  次>  
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

48 人のユーザが現在オンラインです。 (30 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)