No.1452
しりぬきかっぱ
尻ぬき河童

放送回:0934-B  放送日:1994年05月21日(平成06年05月21日)
演出:森川信英  文芸:沖島勲  美術:西村邦子  作画:森川信英
大分県 ) 7542hit
あらすじ

昔、大分の上浦(かみうら)の暁嵐の滝(ぎょうらんのたき)の近くに、六兵衛という百姓が住んでいました。そして、六兵衛が管理している水車小屋近くには、悪さ好きな七匹のカッパが住んでいました。

ある時、カッパたちは六兵衛に「相撲を取ろう」と誘いましたが、尻を抜かれるとわかっていた六兵衛は「まず先に草取りを手伝え」と言って、カッパたちに草取りを手伝わせました。

カッパたちが草取りをしている間に、六兵衛は、お尻にヤカンの鉄のふたを仕込みました。カッパたちがお尻めがけて突撃しても、フタのおかげで尻を守る事ができました。

翌日、いよいよカッパと六兵衛が相撲を取ることになりました。大将カッパに放り投げられた六兵衛が、大将カッパの腕をつかむと腕がもげてしましました。大将とカッパたちは、驚いて川に逃げ帰っていきました。

その夜、六兵衛の家にカッパがやってきて「仕返しはしないから、腕をかえしてくれ」とお願いしました。そこで六兵衛は、カッパに「滝つぼのしゅろの木が腐るまで悪さをしない」と誓わせて、腕を返してあげました。

腕を返してもらったカッパは喜んで川へ帰っていきました。が、カッパたちは悪さをする楽しみがなくなったので、早くしゅろの木を腐らせようと臭い臭い屁を浴びせました。

しかし、しゅろの木は石で作った物だったので、とうとう腐る事もなく、カッパたちも諦めてどこかへ行ってしまいましたとさ。

(紅子 2014/4/12 21:42)


参考URL(1)
http://www.visit-oita.jp/spot/s_kamiura0003.html
参考URL(2)
http://www.visit-oita.jp/spot/s_kamiura0001.html
ナレーション市原悦子
出典大分のむかし話(日本標準刊)より
出典詳細大分のむかし話(各県のむかし話),大分県小学校教育研究会国語部会,日本標準,1975年10月01日,原題「地蔵おどり」,採録地「南海部郡上浦町」,話者「木村孝男」,再話「久保彰三」
場所について暁嵐の滝(ぎょうらんのたき)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:暁嵐の滝(ぎょうらんのたき)
追加情報
このお話の評価5.1667 5.17 (投票数 6) ⇒投票する
※掲載情報は 2014/4/12 21:42 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 27  件):   <前  1 ..  21  22  23  24  25  26  27  次>  
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

39 人のユーザが現在オンラインです。 (29 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)