No.1378
はなたかつづみ
鼻高つづみ

放送回:0875-A  放送日:1993年01月30日(平成05年01月30日)
演出:小林治  文芸:沖島勲  美術:千葉秀雄  作画:関根昌之
岐阜県 ) 6149hit
あらすじ

昔あるところに久助という名前の人のいい木こりがいた。ある日のこと、いつものように木を切っていた久助は、うっかり斧を持っていた手を滑らせてしまった。斧は久助の手を離れると空高く舞い上がり、岩の上で昼寝をしていた天狗の鼻の先を切り落としてしまった。

久助は天狗に鼻先を切り落としてしまったことを詫びた。しかし天狗は気にも留めず「自分は1000日の修業を9日で逃げ出した未熟者。自分にも非はあった。しかしこんなこともできる」といって、鼓を取りだしポンポンと打つと、鼻は元に戻った。驚く久助をよそに、天狗はさらに蓑と笠を身に着けて、姿を消して見せた。これを見た久助は、母親が作ってくれた握り飯と引き換えに、天狗から鼓、蓑、笠をしばらく貸してもらうことにした。

村に帰ってきた久助は、さっそく蓑と笠をつけて姿を消した。そして大酒のみの虎十の家にもぐりこんで虎十をからかったり、馬子の孫六の馬を連れだしたり、お寺のお供物を食べてしまったりと、いたずらのやりたい放題であった。次に久助は自分の低い鼻を高くしようと、鼓をポンポンと打った。鼻はどんどん伸びて行った。調子に乗ってさらに鼓をたたくと、鼻は山や海を越えて、お隣の中国にまで伸びて行った。

久助の鼻先は中国のお寺の庭の池の中に落ちた。池ではちょうど、きれいな若い娘が髪を洗っている最中であった。娘は大変驚いた。そのころ久助はそろそろ鼻を元に戻そうと、再び鼓をポンポンと叩いた。しかし鼻先が動かない。娘が鼻先を池の岩に縛り付けてしまったのである。

そこへ天狗がやってきて「使い慣れないものを使うからじゃ」と言って笑った。気が付くと、久助がいたずらをしかけた人たちがみんな周りに集まってきて久助のことを笑っている。

久助は「どうしたら鼻がすぐに短くなるのか」と天狗に聞いた。天狗は「鼓を逆さにしてポンと叩けばよい」と答えた。その通りに久助がすると、久助の体は天高く舞い上がり、西の空へと消えて行った。その後久助は中国で、あのきれいな若い娘と結婚して、幸せに暮らした、と風のうわさで村にも伝わってきたということである。

(投稿者:カケス 投稿日時 2014/2/12 21:48)

 


ナレーション常田富士男
出典岐阜県
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価10.0000 10.00 (投票数 1) ⇒投票する
※掲載情報は 2014/2/13 11:03 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 47  件):   <前  1 ..  41  42  43  44  45  46  47  次>  
コメント一覧
1件表示 (全1件)
カケス  投稿日時 2014/2/12 21:55
昔話でこういう終わり方をする話も珍しいですね。しかも「国際結婚」ですか!最後に出てくる、久助のチャイナ服がとてもかわいかったのを覚えています。中国は久助に合っていたのかもしれませんね。
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

29 人のユーザが現在オンラインです。 (23 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)