トップページ >  お話データベース >  四国地方 >  高知県 >  さかなの神様
No.1336
さかなのかみさま
さかなの神様

放送回:0847-A  放送日:1992年06月13日(平成04年06月13日)
演出:しもゆきこ  文芸:沖島勲  美術:しもゆきこ  作画:今村春美
高知県 ) 7257hit
あらすじ

むかしむかし、四国は土佐の幡多(はた)の山奥に『とんべえ』という腕の良い猟師がおった。とんべえは毎日罠でたくさんの獲物を獲っており、そのせいで、 この辺では生き物がすっかり減ったと言われておった。じゃが、とんべえは「山の神様のバチがあたるぞ!」と村人に言われても相手にせんかったそうな。

そんなある日のこと、遠い海の村から魚売がやってきた。そうして、とんべえが仕掛けた罠に兎がかかっているのを見つけた。その日、魚がさっぱり売れずくさくさしていた魚売は、罠にかかった兎と売れ残った赤鯛をこっそり取り替えてしもうた。

次の日の朝、びっくりしたのはとんべえじゃ。こんな山奥の罠に見たこともない赤い魚が三匹もかかっておったのじゃから。とんべえからその話を聞いて村中が大騒ぎになった。結局、これはとんべえが生き物を獲りすぎるので、山の神様のバチがあたったのじゃということになった。

「恐ろしい顔をした魚じゃ。山の神様はよっぽど怒っとるんじゃ。」「山の神様の怒りを鎮めるには、赤鯛様をお祭りするしかねえ……。」と、村人達は一晩中話し合った。とんべえは真っ青になってオロオロしておったそうな。

それから半月ほどして、あの魚売がまた山奥の村にやって来た。すると、神社が何やら賑やかじゃ。境内では村人達が赤鯛を担いで踊り、とんべえが一心不乱に太鼓をたたいておるのじゃった。魚売が村人に尋ねると、赤鯛神社のお宮開きの祭りじゃという。さらに、この祭りが始まった経緯を聞き、魚売は驚いた。

今更、あの赤鯛は実は儂の魚で……と、真相をぶちまける訳にもいかず、魚売は脂汗を流して立ちつくしておった。そうして魚売は慌てて海の村へと帰っていったが、ふと「儂は、山の生き物のためには良い事をしたのかもしれん。」と思ったそうな。

魚売が思ったとおり、それから何年かして、この村の辺りでは、また山のあちこちで兎や生き物の姿を見かけるようになったということじゃ。

(投稿者: ニャコディ  投稿日時 2013-1-2 21:31)


ナレーション市原悦子
出典市原麟一郎(未来社刊)より
出典詳細土佐の民話 第二集(日本の民話54),市原麟一郎,未来社,1974年08月30日,原題「さかなの神様」,採録地「幡多郡」,話者「長崎くま」
場所について高知県幡多郡
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価8.6667 8.67 (投票数 3) ⇒投票する
※掲載情報は 2013/1/3 11:28 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 25  件):   <前  1 ..  19  20  21  22  23  24  25  次>  
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

39 人のユーザが現在オンラインです。 (30 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)