No.1300
たじまのあかうし
対島の赤牛

放送回:0821-B  放送日:1991年11月16日(平成03年11月16日)
演出:三輪孝輝  文芸:沖島勲  美術:三輪孝輝  作画:三輪孝輝
静岡県 ) 11716hit
あらすじ

昔、伊豆の対島(たじま)に福泉寺(ふくせんじ)というやぶれ寺があった。この寺に住む住職は次々に行方不明になり、今では誰も住む者がなくなってしまった。村人たちは、福泉寺の奥にある大池の主が池に引き込んでしまうのだと言った。

それから何年かして、美濃の国の名のある武将が、何か思うところがあり出家した。僧になった武将は対島を訪れ、対島の美しい眺めを見て、ここを入定の地と定めた。そこで僧は、福泉寺のことを古老に聞いた。古老が言うには、福泉寺の森の奥に大池があり、夜中にその池の方から牛の鳴き声のような恐ろしい声が聞こえると言うのだ。僧は、それならば今晩、福泉寺に泊まり化け物の正体を見届けると言い、古老が止めるのも聞かず一人で福泉寺に向かってしまった。

夜、福泉寺の本堂では、静まり返った闇の中で僧の読経の声だけが響く。すると池の方から化け物の咆哮が聞こえた。僧が本堂から外に出てみると、そこには赤牛がいた。僧は赤牛に向かって、「もしそなたに仏性(ぶっしょう)があるなら人間の姿になって話してみなさい。」と言う。すると赤牛は夜叉(やしゃ)の女の姿になって本堂に入ってきた。

赤牛を目の前にして一切動じない僧を見て、赤牛は問いかける。「主(ぬし)は命が惜しくないのか?」僧はこれに応えて言う。「自分は命に執着はない。そなたには仏性がある。仏の功徳(くどく)を聞かれてはどうか。ここに来た理由は救われたいがため?」

赤牛はこれを否定する。「自分は魔界に生を受けたもの。仏法などには縁はない。ここに来た理由はお主を殺そうと思ったからだ。しかし、お主は今までの僧とは違う。ここの住職は自分を恐れ、なかには討ちかかってくる者までいた。それでやむなく池に引き込んで沈めてしまった。しかし、ここにきて殺生が嫌になった。」

僧は言う。その心こそが仏性であると。僧は続けて自分が出家した経緯を話す。「自分が出家を思い立ったのは、戦で多くの人を殺したがため。私とそなたは同じ悩みを持つもの同士で、その二人がここで対峙するのも、仏のみ心によるものであろう。」

こう言って僧は、夜を徹して赤牛に仏の道を聞かせた。そして夜が明ける頃には、僧と赤牛は二人で手を合わせて読経していた。すると赤牛の身体が光り、これまで夜叉の女の姿であったものが美しい女の姿に変じた。これは赤牛が発心(ほっしん)したためであった。

女の姿に変わった赤牛は、本堂をでて大池に向かった。すると歩く道は白い光となり、赤牛を導くように大池の方に向かって伸びた。女の姿の赤牛は念仏の声とともに大池の水面上で消える。翌朝、このことを聞いた古老は、なんとも有り難い話であると感嘆した。

(投稿者: やっさん 投稿日時 2011-5-13 7:31 )


参考URL(1)
http://www.nichibun.ac.jp/YoukaiCard/C0222010-000.shtml
参考URL(2)
http://saitama.fan.coocan.jp/tour/h_akaushi.html
ナレーション市原悦子
出典岸なみ(未来社刊)より
出典詳細伊豆の民話(日本の民話04),岸なみ,未来社,1957年11月25日,原題「対島の赤牛」,採録地「川奈」
場所について伊東市池464 龍渓院(赤牛の伝説を伝える) 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:伊東市池464 龍渓院(赤牛の伝説を伝える) 
追加情報
このお話の評価8.8750 8.88 (投票数 8) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/5/28 1:41 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 38  件):   <前  1 ..  32  33  34  35  36  37  38  次>  
コメント一覧
4件表示 (全4件)
ゲスト  投稿日時 2017/3/25 17:11
水際に出る妖怪の1つに「牛鬼」というものがあります。
もしかするとその違いなのかもしれませんね。
ゲスト  投稿日時 2016/2/27 11:52
なぜ牛が池にいたのか...
本来はもう少し由来が語られていたのでしょうね。
むりどん  投稿日時 2012/9/23 1:50 | 最終変更
対島の赤牛が、大好きです。
後ろから、襲われそうになっても動じず、説得し、
二人でお経をとなえて、赤牛が得度していくところが、なぜか好き。
角が消えるときの、あの表情も…

ずっと長く見られていないので、見たいです。
DVDになって欲しい作品です。

でも実は、但馬の赤牛 と思っていました…但馬牛の…σ(^_^;)
伊豆の話だったのですね…











やっさん  投稿日時 2011/10/29 16:26 | 最終変更
参考サイトにあるとおり、『静岡県史』によると伊東市池に伝わる話ということです。対島(たじま)という地名ですが、調べてみると昭和30年に対島村が伊東市に編入され、今は伊東市八幡野の一部になっています。

ということで、この話の舞台は、伊東市池と八幡野周辺と見て間違いないようです。
投稿ツリー
4件表示 (全4件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

26 人のユーザが現在オンラインです。 (15 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)